あのとき歴史は動いた?

1日1記事。わたしが気になったニュースを国内・海外からpickup。独断と偏見でコメントも添えてお届けします。古代より日記は史料として貴重な財産。現在の「○○を食べた」「○○と今日はデート」的な個人ブログとは一線を画してお届けします。

2018.5.23 日本大学アメフット部元監督・コーチが緊急会見。

司会が面白かったのが日本大学アメリカンフットボール部の前監督の内田元監督と井上コーチの会見。

当該選手の宮川選手が単独で会見に挑んだにもかかわらず、大人は複数で出席とは。

 

ただ、気になるのは、とにかくひたすら謝らないという姿勢を見ていると、ひょっとしたらほんとうにそういった指示はしていないんじゃないか?と思えてきます。

刑事事件まで視野に入っていることは本人もわかっているはずだと思いますので、そこも含めてしゃべっているはず。

ここまで世論がアンチ日大になっている空気もさすがにわかっていると思われる中、この会見をやってのけた、というあたりがなんとも。

 

宮川選手に戻ってきて欲しいとか言う前に、怪我をされた選手が健康に社会生活に復帰できるようにというコメントが先だろうし、そのための支援含め日大が補償すべきかと思います。

半身不随でもおかしくないラフプレイをやった当該チームの責任者にしては、認識が甘すぎる気がする。

 

というわけで以下ニュース引用です。毎日新聞より。 

 

 日本大アメリカンフットボール部の内田正人前監督=19日付で辞任=と井上奨(つとむ)コーチが23日、東京都内で緊急記者会見して、3年生の宮川泰介選手(20)への悪質なタックルの指示を改めて否定した。井上コーチは辞任を表明した。内田前監督は学内に設置されることになった第三者委員会の調査が終わるまで、大学本部の常務理事の職務を一時停止して謹慎することを明らかにした。

 

  会見の冒頭に関西学院大との定期戦(6日、東京)で悪質タックルで負傷させた相手のQBと両親、アメフット部に改めて謝罪。そのうえで22日に一人で東京都内で記者会見して詳細を語った日大選手に対して「あのような気持ちにさせてしまい申し訳なく思う。反省しています」と謝罪した。井上コーチも「私の未熟な人間性で起こったこと」と頭を下げた。

 しかし、質疑応答に入ると、これまでの見解を踏襲した。井上コーチは日大選手に「1プレー目で相手のQBをつぶせ」と指示したことは認めたが、その意図は「闘争心を持たせたかった」「いつもと違うプレーをしてほしかった」と説明。「負傷させることが目的ではなかった」との見解を繰り返した。高校時代から教えた日大選手が反則に至った理由について「とんでもない重圧を受けて目の前が見えなくなったのかな」と説明した。

 内田前監督は悪質なタックルを試合当日は「見ていない」と説明した。日大選手のポジションを担当していた井上コーチは見ていたが、プレーを中断させなかった理由については「判断ミス」と反省を口にして「選手にプレーを続けさせたかった」と説明した。

 日大選手が会見で「アメフットを続ける権利はないと思っている」と発言したことについて、内田前監督は「もう少しやれば日本を代表する選手になる。なぜやめないといけないのか。戻ってほしい」と話した。井上コーチも「率直に言えば続けてほしい。やめてほしくない」とした。

2018.5.22 日大の悪質タックル問題で、当該のアメフット部員がついに会見へ。その中身と大人の事情とは?

日大の悪質タックル問題で、ついに当事者の選手が会見を開きました。

20歳でここまでの重圧を背負うことになったのは、半分は自業自得ですが、残り半分は・・・くそみたいな大人ども。

大学の対面とやらを守ろうとすればするほど、世論が反発。

日大、、、アメフト部以前に大学自体がどうかしてないか。

来年2月の大学入試の志望者にも若干は影響しそうな不祥事。

どう幕引きするつもりか知りませんが、やればやるほど関西学院側も反発、ということで、泥沼化するのでしょうか。

 

 以下ニュース引用です。スポニチアネックスより。

 

 アメリカンフットボールの悪質タックル問題で、関学大QBを負傷させた日大DL宮川泰介選手(20)が22日、東京・千代田区の日本記者クラブで謝罪会見を開き、経緯や心境を赤裸々に告白。これを受け、日大広報部はこの日夜、文書でコメントを発表した。

 

 宮川選手は悪質プレーの背景に、19日付で辞任届が受理された内田正人前監督(62)とコーチの指示があったことを明らかにしたが、日大広報部は「コーチから『1プレー目で(相手の)QBをつぶせ』という言葉があったということは事実です」と認めたがものの「ただ、これは本学フットボール部においてゲーム前によく使う言葉で『最初のプレーから思い切って当たれ』という意味です」と説明。「誤解を招いたとすれば、言葉足らずであったと心苦しく思います」と弁明。言葉足らずにより「つぶせ」の捉え方の違いが招いた結果だとし、監督の指示を否定した。

 日大は15日付の関学大への回答書でも「指導と選手の受け取り方に乖離(かいり)が起きたことが問題の本質」としていたが、宮川選手は会見で「(乖離はなかった?)はい。自分としては、そういう意味(相手にケガをさせること)としか捉えられなかった。もうやるしかないと…」と当時の心境を率直に語った。

 宮川選手が顔や氏名を公表して会見に臨んだことについて、日大広報部は「厳しい状況にありながら、敢えて会見を行われた気持ちを察するに、心痛む思いです。本学といたしまして、大変申しなく思います」と“謝罪”。内田前監督との関係について、宮川選手が「そもそも、お話する機会が本当にないので、信頼関係と呼べるものは分からないです」と語った通り、日大広報部も「本人と監督は話す機会がほとんどない状況でありました」と認め「宮川選手と監督・コーチとのコミュニケーションが不足していたことにつきまして、反省いたしております」と釈明した。

 日大広報部のコメント全文は以下の通り。

 アメリカンフットボール部・宮川選手の会見について

 2018年5月22日

 本日、本学アメリカンフットボール部の宮川泰介選手が、関西学院大学フットボール部との定期戦でルール違反のタックルをし、相手選手にケガを負わせた件につきまして、心境を吐露する会見を行いました。厳しい状況にありながら、敢えて会見を行われた気持ちを察するに、心痛む思いです。本学といたしまして、大変申し訳なく思います。

 会見全体において、監督が違反プレーを指示したという発言はありませんでしたが、コーチから「1プレー目で(相手の)QBをつぶせ」という言葉があったということは事実です。ただ、これは本学フットボール部においてゲーム前によく使う言葉で『最初のプレーから思い切って当たれ』という意味です。誤解を招いたとすれば、言葉足らずであったと心苦しく思います。

 また、宮川選手が会見で話された通り、本人と監督は話す機会がほとんどない状況でありました。宮川選手と監督・コーチとのコミュニケーションが不足していたことにつきまして、反省いたしております。

2018.5.21 2025年の介護職、30万人以上不足と予測。

そりゃそうなるよね、というニュースです。

人口は減っていくのにお年寄りは増えていく。

かつ、介護職になり手が少ない。

となると、このくらいの不足は想定内ではなかろうか。

 

とはいえ、介護ロボットにやらす、というのは・・・

一生懸命生きてきて、ロボットの世話になるってのは・・・

選択肢としては外国人を登用する、あるいはシンプルに給与を上げる、といったところですが、給与を上げたところで激務に変わりはないので、お金を取るか、仕事を選ぶか、で30万人もフォローできるのかは微妙な感じもします。

 

以下ニュース引用です。時事通信より。

 

 厚生労働省は21日、介護職員が2025年度時点で約33.7万人足りなくなるとの推計を発表した。

 必要数約244.7万人に対し、今後人材確保に取り組まなかった場合の職員数は約211万人にとどまる。必要な人数に対して実際に何人が働いているかを示す充足率は、20年度の94.2%から25年度は86.2%に下がる。

 推計は全国の市町村の介護サービス見込み量に基づき算出。16年度時点の職員数は約190万人で、団塊の世代が全て75歳以上になる25年度までに新たに約54.7万人確保する必要がある。

 厚労省は職員給与を引き上げるなどしてきたが、慢性的な人手不足は続く見通し。同省はさらなる待遇改善や外国人材の活用に加え、介護ロボットの導入による負担軽減に努める。

 都道府県別に見ると、25年度の充足率が最も低いのは福島と千葉の74.1%で、京都の79.3%が続いた。最も高いのは山梨の96.6%。都市部での不足が目立ち、福島は東日本大震災による長期の避難生活が影響し、介護需要が高まることが予想されるという。

 厚労省はこれまで、介護職員の平均給与を1人当たり月5.7万円相当積み増してきた。19年10月の消費税増税分の一部もさらなる給与アップに充てる方針だ。

2018.5.18 日大アメフト部完全孤立。春のオープン戦、すべて中止に。

一選手が自分の意思であそこまでやるわけないでしょうに、と思いますが、日大と試合をしたい、と思う大学がとうとう1つもなくなった、というニュース。

 

マスコミは「先発出場したクォーターバック」と実名を伏せてますが、ネット全盛の今では、ほとんど意味がない。

実名がフルネームでさらされているので、彼の就職活動も心配になってきますが、かわいそうなのはまじめにやっていた部員と、アメフト部とは何の関係もない日大生。

就職活動で確実にいじられる流れですよねこれ。

幸い?といってはなんですが4年生の多くはこの時期ですので、だいたいは決まっているかと思います。問題は3年生。

来年には風化しているといいですが、そんなに甘くない気がする。

フェニックスって名前もね。。。フェニックスは何度でもよみがえる、というイメージが今回の事件に一番合わない気も。何度でもやるのか?と。

 

以下ニュース引用です。デイリーより。

 

 

 6日に行われたアメリカンフットボール関学大と日大との定期戦(東京・アミノバイタルフィールド)で、関学大の先発出場したクォーターバック(QB)選手が相手守備選手から悪質なタックルを受け、負傷した問題が波紋を広げる中、関東学生アメリカンフットボール連盟は18日、6月17日に予定されていた日大-桜美林大(アミノバイタルフィールド)の中止を発表した。これで騒動勃発後、日大戦の中止は7試合となり、春のオープン戦はすべて中止となった。

【動画】ヤバすぎる…日大悪質タックルの一部始終

 最初に今月20日に日大との対戦を予定していた法大、6月9日に日大戦を予定していた東大と、同10日に予定していた立教大の3校が、「安全性が担保されていない」ことを理由に、連名で関東学生連盟に日大との試合中止を求め、決定。その後も明大(5月27日)、成蹊大(6月16日)、近大(6月3日)が次々と試合中止を申し入れた。

2018.5.17 西条秀樹さん、急性心筋梗塞で亡くなっていた。

このブログはあまり人の訃報には触れないようにしようと思ってはいたんですが、さすがにね。。。

ヤングマン含め、一世を風靡した西条秀樹さん。

バーモントカレーのイメージのほうが最近の世代は強いのかな。

 

2度の脳梗塞を乗り越えて、芸能活動を続けていた西条さん。

病気でもリハビリしながらがんばってらっしゃる俳優さんとしては、渡哲也さんのイメージだったんですが、まさか脳梗塞のリハビリで大変なのは知っていましたが、60代でなくなられるとは思いませんでした。

 

残念というか、ひとつの時代が終わってしまったなあ、という気持ちになったニュースはデイリーより引用です。

 

 歌手の西城秀樹さんが16日に急性心不全のため亡くなっていたことが17日、分かった。63歳。広島県出身。関係者によると、4月25日に家族と一緒にいた時に意識を失い倒れて、横浜市内の病院に搬送。そのまま意識が戻ることなく、力尽きたという。2度の脳梗塞に見舞われたが、「ありのままを見せたい」と麻痺が残る体でステージに立ち続けた。最後のステージとなった4月14日のコンサートで共演した歌手たちは、口々に西城さんの勇気を称えた。

 

西城さんは2003年に脳梗塞を発症。11年12月に再発し、患部が運動神経に近かったため、右半身のまひと歩行時にバランスを失うなどの機能障害が残った。退院後は、過酷なリハビリを続けた。1日2~3時間の筋トレ、リハビリ、鍼治療、神経再生トレーニングまで、激痛に顔をゆがめ、悲鳴をあげ、時に涙を流しながらも、ありとあらゆるリハビリに挑んだ。

 プライベートで家族ぐるみで親交があり、最後のステージとなった14日の「同窓会コンサート」で共演した女優・小川知子は17日、読売テレビ日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」に電話で生出演。西城さんが「ありのままを見せるんだ、ありのままの自分を見せたい」と常々口にしていたことを明かし、「子供たち(1女2男)に元気な姿を見せたいというのもあったと思う」と涙した。

 小川と同じく先月のコンサートで共演した伊藤咲子も「ライブ直前までリハビリをしていた。天候によって…曇の日とかは(痛みで)おつらそうだった」と明かした。

 小川、伊藤とともに先月のコンサートで共演したあべ静江は「あれだけのスターの方がね、スタスタッと歩いていけない姿を見せるということは、並大抵の勇気じゃない」と最後まで闘う姿を見せ続けた西城さんへの尊敬とともに勇気を称えた。