あのとき歴史は動いた?

1日1記事。わたしが気になったニュースを国内・海外からpickup。独断と偏見でコメントも添えてお届けします。古代より日記は史料として貴重な財産。現在の「○○を食べた」「○○と今日はデート」的な個人ブログとは一線を画してお届けします。

2019.3.23 タイで覚醒剤300万人使用か?押収量過去最高、日本にも流出。

ピエール瀧の逮捕で今年も話題になってしまった違法薬物。

東南アジアに火種があったようで、なんとタイで300万人が覚せい剤を使用、というニュース。

他人事かと思いきや、流通している一部は日本にも流れてきているとのこと。

税関で止めてるんじゃないの?と思いますが、すべてを阻止するにはマンパワーも足りないでしょうし、あまりにきつくすると輸出入のスムーズさにも欠けてくるだけに、難しいところかもしれません。

 

法律で定められているからいけないのか。

はたまた、人体に悪影響を及ぼすからだめなのか。

正直なところ、なぜいけないのかについての教育、日本では学校含めされていない印象があります。

 

そういった意味で、「なぜ」に答えるのが今の日本の政治には必要なのでは?とふと感じました。

なぜ普天間ではだめなのか?

なぜ辺野古はだめなのか?

本土と沖縄の温度差、また地域性含め、分かり合うにはお互いの「なぜ」をぶつける必要があるように思えます。

と横道にそれそうですが以下、毎日新聞より引用です。

 

 タイで違法薬物のまん延が深刻化している。押収量は昨年、覚醒剤約18トン、低純度の錠剤型覚醒剤「ヤーバー」は約5億錠と共に過去最高を記録。一部は日本など国外へ流れている。タイ軍事政権も取り締まりや使用者の社会復帰に力を入れるが、追いついていないのが実情で、課題は総選挙後に発足する新政権に持ち越される。

 昨年6月26日夕、バンコク港を1隻の貨物船が出港した。行き先は韓国・釜山。7月6日に到着後、韓国の捜査当局が積み荷の機械の中から覚醒剤90キロを見つけた。韓国で過去最大の押収量だった。密輸には多国間の組織が関与しており、日本や台湾、韓国の6人が逮捕され、日本などの4人が国際手配された。

 機械の輸出手続きに関わった会社はバンコクにあるが、登録住所地は住宅。そこに暮らす女性は「ずいぶん前に会社は移転した。たまに関係者が郵便物を取りに来るが、警察が調べに来たことはない」と言う。摘発されるのは氷山の一角だ。

 タイ麻薬取締委員会事務局によると、覚醒剤は原料が中国からミャンマー少数民族武装勢力の支配地域に運ばれ、密造される。そこからタイに持ち込まれ、世界各地へ密輸されているという。

 一方、タイ国内では「どこでも覚醒剤が手に入るので、使用者が300万人いると言われる」(捜査関係者)。覚醒剤の末端価格も下がっており、ヤーバーは1錠150バーツ(約530円)。使用の低年齢化も目立つ。

 国連薬物犯罪事務所の統計では、軍政が発足した2014年と昨年の押収量を比較すると覚醒剤は約18倍、ヤーバーは約5倍増加。また使用者が自発的に申告した場合は罪を問わずに、「患者」として更生医療施設へ入所させる制度を導入しており、昨年は約21万人が利用した。

 委員会事務局のウィラワット・テンアムヌウェイ副長官は「(未成年者らの)薬物乱用は親の子供への無関心など社会問題と関係しており、刑務所に送るだけでは解決しない」と強調し、制度の長期継続を訴える。

2019.3.22 引退会見から一夜明け、イチロー、51番搭乗口から渡米。全日空、粋な計らい。

衝撃的だった昨日のイチロー選手の引退会見。

AbemaTVで生中継していたこともあって、深夜1時20分くらいまで続いた会見、全部見てみました。

勉強になることばもあるし、記者の度量が試されるよなと笑えるシーンもあり、気づいたら1時間半くらい経っていたという濃密な時間だったように感じます。

記者の質問に答えるというのが質疑応答ですが、答えつつも持論をきちんと公共の場で伝えて、かつ、この場ではいえないものはいえない、とメリハリもつけての会見だったので見ているほうも心地よかったです。

まあ記者のレベルはさておきなんですけど。

 

そんなイチロー選手、いや元選手は、帰国の途につきました。

日本人とはいえ、もはやメジャーに戻る、というイメージすらあるので、帰国のほうが違和感がないように思えます。

 

そこで粋な計らいをしたのが全日空

以下ニュース引用です。日刊スポーツより。

 

イチローは22日、成田空港発シアトル行きの航空機で渡米した。

黒のニット帽、白の無地のロングTシャツにジーンズ。グレーのジャケットと白いトートバッグを手に持ち、現役時代の背番号と同じ51ゲートに弓子夫人を伴い現れた。居合わせたファンからの「お疲れさまでした」の声に振り返って会釈し、機上の人となった。

全日空の成田空港発シアトル行きは通常「58B」搭乗口を使用するが、この日は「51」に変更。全日空関係者は「オペレーションに問題がない範囲だったので、ご活躍に敬意を表し、背番号に合わせて51に変えさせていただきました」と説明。全日空の粋な計らいで日本を後にした。

2019.3.21 カカオトーク、2019年6月に仮想通貨ウオレット搭載か。

昨年の今頃はコインチェックネム流出、口座凍結でゆれていた仮想通貨ですが、その後も反転することなく、ビットコインは40万円台で値動きがゆるくなっています。

そんな仮想通貨ですが、目に見えないところでじょじょに流通に向けて動き出しています。

ビットコイン以外にも多数のアルトコインが存在し、生き残るのはおそらく一握りといったところでしょう。

話は変わりますが、日本ではLINEが流行っているように韓国ではカカオトークが流行っています。

LINEも独自の通貨なりをいずれは発行するのかもしれませんが、お隣韓国は日本よりもキャッシュレスが進んでいることもあり、一足先にカカオトークに仮想通貨ウオレットが実装されるというニュース。

普通に日本でもダウンロードできるアプリですが、LINEほどは流行っていないこともあり、ピンと来ないかもしれません。

くわしく以下ニュースでご確認ください。APPTIMESより引用です。

 

メッセージアプリのカカオトークに仮想通貨ウォレットが搭載することが話題となっている。

カカオトークを運営している韓国のカカオが子会社グラウンドXが6月末に商用ブロックチェーンプラットフォームを展開した後に統合する予定としている。

これにより、韓国国内にて4,400万人以上のユーザーがウォレット機能を介してP2P(ピアツーピア)取引ができるようになると言う。

カカオトークに仮想通貨ウォレットがあることで今後新たなビジネス、決済方法として認識され、仮想通貨歓迎国である韓国でさらに仮想通貨取引が活性化されるとの見方がされる。

グラウンドXは日本を拠点としているブロックチェーン開発企業であり、ブルームバーグによれば、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)のプレセールにて、9,000万ドル、日本円にして約100億円相当を調達した後、同額の調達を目標としたパブリックセールも実施している。

カカオは今年1月~3月ですでにブロックチェーンやAIなどの新技術に対し約5,700万ドル以上を費やしており、準備万端といったところだ。

最近、メッセージアプリにて仮想通貨送金できるアプリが出てきており、先日ツイッター上にてビットコインを送金ができるアプリが出てきたことでも話題となった。

ツイッターなどのSNSで仮想通貨を手軽に送金、決済手段として使われるようになれば、法定通貨を利用せず、仮想通貨を利用する人々が増えることだろう。

P2P取引にて個人間にて何も妨げもなく仮想通貨が取引されるようになれば、取引所を介せず仮想通貨取引が成立することもあり、取引所にとっては今後注視していくことにもなるだろう。

カカオの利用者にとっては歓迎と言えるが、それと同時にハッキングなどトラブルに巻き込まれないよう個人的な管理も必要になっていくことだろう。

2019.3.19 ロシアでフェイクニュース禁止法が成立。

これは危険極まりない法案だな、という法案がロシアで可決しました。

偽ニュースをネット上で流すのを禁止する、という法案ですが、何が正しくて何が間違っているのか、誰が判断するの?と。

国の都合のいい話だけ垂れ流すという意味では戦時中の日本と変わらないんじゃないのか、という危惧すら受けます。

 

実質無法地帯といえるネットですので、ある程度の枠組みは必要かとは思いますが、やりすぎると、反発がすごそうな気も。

以下、共同通信より引用です。

 

 ロシアのプーチン大統領は18日、議会上下両院が可決したインターネット上の偽ニュースを禁止する法案に署名、法律は成立した。大統領の諮問機関「市民社会発展・人権評議会」が「権力による恣意的な利用」の恐れを指摘、プーチン氏に署名しないよう求めていた。

 テレビ、新聞など主要メディアが政府の影響下にあるロシアで、政権批判があふれているネット空間の言論が、今後「偽ニュース」を理由に規制される恐れが指摘されている。

 法律による規制は、テレビや新聞などマスメディアは対象外。

2019.3.18 週に3個以上の卵を摂取すると心疾患のリスクが高まるってホント?

たまご、美味しいですよね!突然すぎますけど。

 

ラーメンの煮たまご。

たまごかけごはん。

たまごやき。

めだまやき。。。

 

どう調理しても美味しい。

 

そんな卵ですが、食べすぎはよくないとは昔からよく言いますが、一週間に3個以上で体によくない、心疾患になるリスクが高まるというデータがアメリカで出されました。

一週間で3個って。。。みんな食べてるのでは・・・?

サンドイッチや自宅、あるいは外食でなんだかんだでたまごはいます。

 

悪役にするのはかわいそうだ。

 

以下ニュース引用です。CNNより。

 

1週間に卵を3~4個食べる人や、食事から1日当たり300ミリグラムのコレステロールを摂取する人は、そうでない人に比べて心疾患や早死にのリスクが高い――。そんな調査結果がこのほど医学誌JAMAに発表された。

論文を執筆した米ノースウエスタン大学のビクター・ゾン氏によると、卵の黄身は特にコレステロール値が高く、卵1個には大きなもので約186ミリグラムのコレステロールが含まれる。

研究チームは、2万9000人あまりについて平均で17年半にわたって追跡調査した米国内の6研究グループのデータを詳しく調べた。

その結果、心血管系の疾患を発症していたのは計5400人で、うち1302人は脳卒中(死者を含む)、1897人は心不全(同)を発症し、113人はそのほかの心疾患のため死亡していた。それ以外の原因で死亡した患者は6132人だった。

今回の調査では、食事からのコレステロール摂取が1日当たり300ミリグラム増えると、心疾患に関連したリスクは3.2%高まり、早死にする可能性は4.4%増えるという結果が出た。

卵は1日当たりの消費量が半個増えるごとに、心血管系疾患のリスクは1.1%上昇し、早死にリスクは1.9%上昇するとしている。

この結果は、過去の研究と矛盾する部分もある。その理由として、過去の研究では、卵の消費と他の不健康な行動(運動不足や喫煙、不健康な食生活など)との関係を考慮していなかった可能性が考えられる。

加えて、コレステロールの多い食品は一般的に、飽和脂肪や動物性たんぱく質も多く含まれる。

一方、今回の研究では、そうした要因も包括的に評価したとゾン氏らは述べている。

今回の研究にはかかわっていないコロラド大学医学校のロバート・エッケル氏は、医師にとっても患者にとっても、このテーマは重要だと指摘する。

同氏によると、卵の消費や食事からのコレステロール摂取と、心血管系疾患との関係は長年の論議の的になっているが、最近の研究では重要性は薄いと考えられていた。

しかし今回の研究は従来の研究に比べてはるかに包括性が高いとエッケル氏は指摘、「心臓にいい食生活に対し、卵の消費やコレステロール摂取が及ぼす悪影響を考えると、コレステロールの多い食品の摂取を制限することの重要性を見過ごすことはできない」と解説している。