あのとき歴史は動いた?

1日1記事。わたしが気になったニュースを国内・海外からpickup。独断と偏見でコメントも添えてお届けします。古代より日記は史料として貴重な財産。現在の「○○を食べた」「○○と今日はデート」的な個人ブログとは一線を画してお届けします。

2017.9.21 労基法違反でセコムに是正勧告。

残業代を一定の条件で払わない、というのは社員のモチベーションも下がりますし、何より新入社員も入りたがらない。

とはいえ、この職種で定時に上がれ、というのもまた・・・というニュース。

 

セコムが長時間残業で是正勧告を受けたというニュース。

とはいえ、セコムやALSOKは基本的に「緊急時に」「すぐに」が求められる職種だと思うし、難しいよなあと。

残業代をきちんと払えば会社の収益が当然減る。

かといって払わなければ優秀な人材は辞めるかあるいはこの職種自体志望しなくなるかもしれない。

かといってこの職種を人件費が安いから、という理由で外国人に任せるというのもまた、ユーザーからすれば不安。

 

にっちもさっちもいかない話ですが、以下毎日新聞より引用です。

 

 警備員に指令を出す「管制員」の社員数人に労使協定の上限を超える長時間残業をさせたとして、警備業最大手のセコム(東京都)が、東京労働局渋谷労働基準監督署から労働基準法違反(労働時間)で是正勧告を受けたことが分かった。

 勧告は7月5日付。同社によると、労働組合と変形労働時間制の労使協定を結び、残業の上限を3カ月で120時間以内、繁忙期(合計半年間)は同230時間以内と定めていた。しかし、2016年度に東京都世田谷区内の同社施設に勤務する管制員数人に対し、繁忙期以外にも3カ月で120時間を超える残業をさせたと指摘された。

 同社は今月5日、労基署に「離職や人事異動、(天災などの)突発的な業務量の増大が原因」と報告。人員を増やし、今月末までに違法状態は解消される見通しだとしている。

 変形労働時間制は時期や季節によって仕事量の差が大きい場合に、期間中(セコムの場合3カ月間)の労働が平均で週40時間以内なら、特定の日や週に法定労働時間(1日8時間、週40時間)を超えても残業代を払わなくてよい制度。

 同社コーポレート広報部は「是正勧告を受け止め、全国の職場で再発防止に取り組んでいる」と話している。

2017.9.20 レオパレス、東京でも集団訴訟。東海地方から東上中。

かなり悪質というか、こういう会社があると、日本の不動産はやっぱりなあ、と思ってしまう。

もちろん大手含め、きちんと取り組んでいるところもありますが、手抜き工事ならぬ手抜きメンテナンスで利ざやを稼ぐ、というのがもし事実だとしたら、借りる人間も減りそう。

 

アパート運営やるなら、1棟買いして信頼できる会社にメンテナンス頼んだほうがはるかにストレスないわ。

というニュース。

 

以下、時事通信より引用です。

 

 賃貸アパートの外壁などが契約通りに修繕されていないとして、不動産大手レオパレス21(東京都中野区)と契約を結んでいる全国のアパート所有者45人が20日、支払い済みの修繕費約2億4000万円の返還と契約の無効を同社に求め、東京地裁に提訴した。

 訴状などによると、レオパレスは「建物メンテナンス契約」を所有者と締結し、月10万円程度を徴収。しかし、所有者が調査したところ、事前に目安として説明された箇所の1割程度しか修繕されていなかったという。

 同様の訴訟は8月に東海地方の所有者29人が名古屋地裁に起こしている。

 レオパレス21の話 訴状の内容を精査し、当社の正当性を主張していく。

2017.9.19 チビチリガマ荒らしの少年4人、逮捕。

歴史は暗記するものではなく学ぶもの。

とわたしは勝手に思っているんですが、どちらもやってない人ってのはいるんですな。

悪ふざけだった、で許されるレベルなのかすらわかっていないようだが、そもそも両親や祖父母はどう思うんだろうねこういうの。

 

少年法とやらで守るのもそろそろ限界なんじゃないのか?

選挙権を18歳から、なんて話になったが、こんなやつらに選挙権を渡すなんざとんでもない話ではないだろうか。

年齢問わず免許制にすればいいんだな。返納も可能にすればいい。

 

沖縄県民はわたしのような本土の人間よりもそういう歴史教育や、沖縄の歴史については掘り下げてやってるもんだと思ってたけど、そうでもないのか。

 

平成生まれはしょせんこんなもんか、と思ってしまったが、はたしてこいつらが例外でほかは優秀なのか。

 

以下ニュース引用です。JNNより。

 

 沖縄戦で集団自決に追い込まれて住民が亡くなった沖縄県読谷村にある自然壕チビチリガマが荒らされた事件で、逮捕された少年たちが「悪ふざけだった」などと話していることがわかりました。

 この事件は今月、チビチリガマに設置されていた看板や千羽鶴などを壊したとして、沖縄本島中部に住む16歳から19歳の少年4人が逮捕されたものです。

 警察の調べに対し、少年たちは「悪ふざけだった。亡くなった人や遺族に申し訳ないことをした」などと話していることがわかりました。

 また、この場所で集団自決があったことについては、「捜査員に言われて初めて知った」と話しているほか、犯行時に動画を撮影していたことも明らかにしています。

2017.9.18 秋田新幹線VS熊。勝ったのはどっち?

漫画『はじめの一歩』で世界ミドル級王者・鷹村守が合宿先で熊を倒したのは有名な話。

熊鍋になった姿を見て、鷹村の涙が見られるという珍しいシーンまでついたわけですが、新幹線の体当たりをまともに食らって生きている熊が実在する、というニュース。

 

秋田市内走行中ということはスピードも出ていたはず。

クマと激突して緊急停車。

ブレーキをかけたとはいえかなりの衝撃だったはずですが、クマは立ち去ったとのこと。

この勝負、熊の勝ちか?

 

以下ニュース引用です。読売新聞より。

 

 16日午前11時15分頃、秋田市内を走行していた下りの秋田新幹線「こまち3号」(7両編成)がクマと衝突し、緊急停車した。

 乗客約200人にけがはなかった。

 JR東日本秋田支社によると、現場は奥羽線羽後境大張野駅間の山間部で、クマが線路を横切るように現れ、運転士が急ブレーキをかけたが、間に合わなかった。クマはそのまま姿を消したという。

 こまち3号は車両点検を行い、35分遅れで運転を再開した。

2017.9.17 安倍首相、10月にも衆議院解散へ。

衆議院の解散の時期は与党が決められるのは有利といえば有利。

民進党は離脱者続出。

都民ファーストは色が正直わからない。

となると、林先生じゃないけど「今でしょ」という流れになるのも仕方ない。

わたしはここ数年の選挙、比例も候補者も含め自民党には入れていません。

が、結果はだいたい「圧勝」。

民意ってなんなんだろう、と一個人としては思いますが、多数決の論理しか通用しないのが国政選挙なので仕方ないのか。

少数意見の尊重、なんてキレイゴトは小学校の学級委員会レベルの民主主義なんだろうなと。

 

というわけで、ボヤきは続きそうなので記事を。時事通信より。

 

 安倍晋三首相は、28日召集予定の臨時国会の冒頭にも衆院を解散する意向を固めた。北朝鮮情勢などを踏まえて近く最終的に決断する方針だ。既にこうした考えを与党幹部に伝えた。内閣支持率が回復傾向にあることや、野党第1党の民進党の混乱が続いていることなどを考慮し、早期の衆院選が有利と判断したとみられる。

 複数の政府・与党関係者が17日、明らかにした。衆院選の日程の有力な候補として、「10月10日公示―同22日投開票」と「10月17日公示―同29日投開票」が挙がっている。いずれの場合でも、10月22日投開票の予定だった衆院青森4区、新潟5区、愛媛3区の補欠選挙はなくなり、総選挙に吸収される。

 首相は10日に麻生太郎副総理兼財務相、11日に自民党二階俊博幹事長、公明党山口那津男代表とそれぞれ会い、二階氏とは15日にも会談した。早期解散の意向はその場で伝えられており、自民党幹部は「冒頭解散が濃厚だ」と語った。

 10月中の投開票が有力となっている背景には、11月上旬にトランプ米大統領の初来日が調整されている事情がある。

 首相は国連総会出席のため18日に米ニューヨークへ出発する前にも山口氏と再会談。自公両党は同日に幹事長や選対委員長らが会い、衆院選対応を協議する見通しだ。公明党の支持母体、創価学会は17日、地方幹部を集めて緊急会議を開く。

 首相は当初、来秋の自民党総裁選で3選を勝ち取り、その勢いを保ったまま衆院解散に踏み切る戦略を描いていた。憲法改正発議に必要な衆参3分の2の改憲勢力を生かし、衆院選国民投票の同時実施も視野に入れていた。

 しかし、臨時国会が始まれば、野党が学校法人「加計学園」の獣医学部新設問題や「森友学園」の国有地売却問題で改めて首相の関与を追及して攻勢を強めるのは確実で、内閣支持率が再び下がる可能性もある。民進党で離党の動きが続いていることに加え、小池百合子東京都知事に近い勢力による国政新党も結成に向けて動きだしたばかりで選挙を戦う態勢が整っていないことから、方針を転換した。