あのとき歴史は動いた?

1日1記事。わたしが気になったニュースを国内・海外からpickup。独断と偏見でコメントも添えてお届けします。古代より日記は史料として貴重な財産。現在の「○○を食べた」「○○と今日はデート」的な個人ブログとは一線を画してお届けします。

2018.11.20 西武・浅村内野手、FAで楽天入りが決定。

FAで楽天が獲得が決まったのが、西武の浅村内野手

オリックスには会わずにお断り、という塩対応でしたが、行くなら楽天かなと思っていたのである意味納得。

楽天としても補強したいところに20代の選手が入ってくることもあり、理想的な補強となりました。

 

西武はかなりの痛手をこうむったわけですが、はたして来年はどうなるのか。

打ち勝つ野球で今年はペナントを制したわけですが、投手陣も安定感があるわけでもなく、来年は下手するとBクラス転落もありうるのがパリーグ

 

以下、デイリーより引用です。

 

 

 楽天が、西武から国内フリーエージェント(FA)権を行使した浅村栄斗内野手(28)を獲得することが20日、分かった。球団関係者によると、浅村から入団の意向を伝えられた。

 浅村は今季、打率3割1分、32本塁打、127打点の好成績で西武の10年ぶりのリーグ優勝に貢献。「他球団の評価を聞きたい」とFA権行使を決断した。楽天とは18日に初交渉し、背番号「3」と4年総額20億円程度とみられる大型契約を提示されていた。

 大阪桐蔭高から2009年にドラフト3位で西武入団。13年に110打点で最多打点のタイトルを獲得し、今季は2度目の打点王に輝いた。

2018.11.19 日産、カルロス・ゴーン代表取締役会長ら逮捕。

今年はライザップが赤字を出したことで株価が下がってしまいましたが、日産もこれで危なくなる。

そんなニュースが飛び込んできました。

 

車のリコールではないので、ユーザーには影響はない話ですが、株主にはでかすぎる影響がありそうです。

代表取締役会長のカルロス・ゴーン氏が逮捕というニュース。

 

以下ニュース引用です。デイリーより。

 

 日産自動車有価証券報告書に自身の役員報酬を計約50億円過少に記載した疑いがあるとして、東京地検特捜部は19日、金融商品取引法違反の疑いで、代表取締役会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)を逮捕した。共謀したとして代表取締役のグレゴリー・ケリー容疑者(62)も逮捕。横浜市の日産本社など関係先を家宅捜索した。社内の指揮系統の解明を進める。

 販売台数世界2位のルノー・日産・三菱自動車連合に大きな打撃となるのは必至だ。

 日産は19日に声明を発表し、ゴーン容疑者が会社の資金を私的に流用するなど複数の重大な不正行為があり、解職を取締役会に提案すると明らかにした。

2018.11.19 北方領土2島、自動引渡しを否定byロシア。

戦争は負けたほうが悪い。

そう考えざるをえないのが、いつ解決するのか見えてこない北方領土問題。

日本の敗戦濃厚になったとたん、宣戦布告して攻めてきたソ連に、あの4島を持っていかれているのは日本としては不本意極まりないわけですが、主権が今はソ連、いやロシアが持っているのが現状だけに、日本の首相がどこまでできるのか、試金石となりそうです。

 

4頭一括返還にこだわった結果が今ですが、はたして島1つでも返ってくるのかどうか。

以下ニュース引用です。時事通信より。

 

 ロシアのペスコフ大統領報道官は、日ロ首脳が日ソ共同宣言を基礎に平和条約締結交渉を加速させると合意したことは、北方領土の歯舞、色丹2島の自動的な引き渡しを意味しないと述べ、日本をけん制した。

 インタファクス通信が18日、国営テレビの番組での発言内容を報じた。

 1956年の日ソ共同宣言は、平和条約締結後の歯舞、色丹2島の日本への引き渡しを明記している。しかし、報道官は宣言を基礎にした交渉に関し、「自動的に何らかの領土を(日本に)引き渡すことを意味していると言えるのだろうか。絶対にそんなことはない」と強調した。

 宣言に関しては、プーチン大統領も15日、「(2島が)どのような根拠で引き渡され、どちらの主権下となるかは述べられていない」と語り、こうした点が今後の交渉対象になるとの考えを示している。報道官の発言によって、2島引き渡しは既定路線ではないというロシア側の厳しい認識が改めて浮き彫りになったと言えそうだ。 

 

2018.11.14 スルガ銀、985億円赤字。シェアハウス融資で大幅赤字に。

985億円の赤字を出しても営業は続けられる。

ある意味すごいのがスルガ銀行です。

シェアハウスのゆるい審査問題で揺れており、わたしの地元の支店はそのニュースが出てすぐに閉店になりました。

駅近の立地だったんですが・・・まあ口座は持ってるけど使ってないのでとりあえずよしとしますが。

 

来年も明るい話題がどうにも出てこないスルガ銀行ですが、地銀としてこつこつ築いてきた信頼は、1つのミスであっさり失うのは人間も企業も一緒かもしれませんね。

 

以下ニュース引用です。時事通信より。

 

 

 スルガ銀行が14日発表した2018年9月中間決算は、連結純損益が985億円の赤字(前年同期は211億円の黒字)に転落した。中間決算での赤字は01年9月期以来17年ぶり。審査書類の改ざんといった不正が横行していた投資用シェアハウス向け融資などで、貸し倒れに備えた引当金を大幅に積み増したため。

 19年3月期連結業績予想でも、純損益を975億円の赤字(従来は250億円の黒字)に下方修正。財務の健全性を示す連結自己資本比率は9月末時点で8.74%と、国内営業の銀行に求められる水準の2倍を確保した。

 同行は来年前半に臨時株主総会を開き、経営陣を見直すと発表。他行などとの資本・業務提携について、有国三知男社長は記者会見で「企業価値向上につながるのであれば、検討する」と語った。同氏は不正融資問題の責任を取り、臨時株主総会まで役員報酬の30%を自主返納するが、進退については「未定だ」と述べるにとどめた。

 シェアハウス向け融資残高は9月末時点で2034億円。それ以外の投資用不動産向け融資や創業家関連企業への融資の一部も回収できない可能性があり、貸し倒れに備えて約1200億円を損失計上した。

 不祥事の影響で投資用不動産向け融資が落ち込み、本業のもうけを示す実質業務純益(単体)は前年同期と比べ1割近く減少。顧客離れも進み、9月末の預金残高は3兆4159億円と、3月末から6737億円減少した。ただ、有国社長は「10月以降、預金の動向は落ち着いている」と強調した。 

2018.11.13 寒くなる時季、週末の寝溜めにご注意。

電気といっしょで、睡眠は溜められないといいますが、どうやらその通りのようです。

週末の休みに睡眠補給、と考える人は多いですし、わたしもわりとそうですが、やはり週末に補給したところで、リズムは戻らないようです。

詳しくは以下ウェザーニュースより引用です。


 「人には体内時計がありますが、起床・就寝の時間が後ろにずれている夜型の人は、会社や学校の始業・終業のリズムに体がついていけず、集中力が低下したり、昼間眠気に襲われたりします。海外旅行の後に生じる『時差ぼけ』に似たこんな状態は『社会的時差ぼけ』と呼ばれています」と話すのは、ウェザーニューズ気象病顧問アドバイザーで愛知医科大学客員教授・中部大学教授の佐藤純先生です。

 夜中の12時過ぎまで起きていれば、平日の睡眠は6時間足らず。週末には寝だめをして睡眠不足を補うことになります。


 「週末の起床時間が平日より3時間以上遅いと、危険な寝だめになります。日曜日の夜は明日に備えて早めに布団に入ってもなかなか寝付けず、寝不足のまま朝を迎え、平日の寝不足を補うために週末は寝だめをするという悪循環におちいります」(佐藤先生)

 人は緊張が切れたときに、頭痛、めまい、耳鳴り、肩コリなどが現れることがあります。こうした症状で週末は1日中寝ている人もいます。

 この状態が続くと睡眠リズムがますますずれて昼夜逆転し、集中力や判断力の低下、昼間の眠気、活動量の低下など、「社会的時差ぼけ」が悪化します。


 「社会的時差ぼけ」を治すにはどうしたらよいのでしょうか?

 「早寝・早起きを習慣化することです。そのためには、寝る3時間前までに晩御飯をすませ、毎晩ぬるめの湯船(40℃前後)に10~15分浸かり、就寝30分前はブルーライトを発するスマホなどを見ないで目や頭を休養させる時間をとります。そんなに早く眠れないというなら、当面は市販の睡眠改善薬の助けを借りるのもいいでしょう。長年の生活習慣を変えるのですから、時間をかけて早寝・早起きの生活に慣らしてください」(佐藤先生)

 それでも「社会的時差ぼけ」が治らない場合は、睡眠障害を診てくれる医療機関を受診してみてください。