あのとき歴史は動いた?

1日1記事。わたしが気になったニュースを国内・海外からpickup。独断と偏見でコメントも添えてお届けします。古代より日記は史料として貴重な財産。現在の「○○を食べた」「○○と今日はデート」的な個人ブログとは一線を画してお届けします。

2017.5.13 セウォル号客室から多数の遺体発見。

船長がまっさきにとんずら。

救助も適当。

それが韓国のセウォル号事件。Youtube動画などを見ると、「ほんとに助ける気あります?」というような海上警備隊の姿が見られます。

 

乗客には何の罪もなかったわけで、遺族が怒るのももっとも。

そんなセウォル号から遺体が多数見つかった、というニュース。

以下引用です。中央日報日本語版。

 

4階の船尾の客室から人のものと推定される骨が多数発見されたという報道があった中、骨でなく遺体の形態で見つかったという報道があった。

ソウル新聞は13日、セウォル号の4階の床から5メートル上の支障物の隙間に引っかかっていた服の中に不明者が屍蝋化した状態で確認されたと伝えた。屍蝋化とは体の脂肪が分解されて生じた脂肪酸と水中のマグネシウム、重金属が結びついて石けんのような形態になることをいう。

関係者はインタビューで「服の中だったため外側より腐敗の速度が遅かったはず」と述べ、ソウル大医大のイ・ユンソン法医学教室教授は「小さな生物が侵入できる環境なら遺体が毀損されて白骨化しただろうが、そうではなく化学的反応だけが起きたとすれば屍蝋化するだろう」と診断した。

これに先立ちセウォル号現場収拾本部は12日午後4時35分ごろ、セウォル号4階の船尾の8人部屋から人のものと推定される骨が多数発見されたとし、「一部は服を着た状態と推定されるが、泥などが多く正確なことは確認しなければ分からない」と伝えていた。

2017.5.12 日本郵政、野村不動産買収へ!不動産事業を収益の柱なるか。

これから少子高齢化がミエミエの日本で不動産事業を収益の柱に?

よくわかりませんが、日本郵政が不動産大手の野村不動産ホールディングス買収に動いているというニュース。

 

確かにいいマンションは売れています。

が、苦戦しているデベロッパーがかなりあります。

野村のブランドはまあ三井不動産住友不動産はじめ、大手の中でも安定はしていますが、なんといっても少子高齢化、かつ消費税があがり、国内から出て行く人も出てくるはず、という見込みの中、勝算があってのことなんでしょうか?

 

ニュースは以下引用です。毎日新聞より。

 

 日本郵政が、不動産大手の野村不動産ホールディングス(HD)の買収を検討していることが12日、分かった。日本郵政は2015年に買収したオーストラリアの物流会社の業績低迷により約4000億円の損失を計上し、17年3月期連結決算で民営化後初めて最終(当期)赤字に転落する見通し。郵便や金融など既存の主力事業では一段の成長を見込みにくい中、安定した利益を得るため不動産事業を強化して収益の柱に育てたい考えだ。

 日本郵政はすでに野村不動産HDの大株主である証券最大手、野村ホールディングスと具体的な協議を進めている模様。野村不動産HD株の過半数の取得を検討しており、買収総額は数千億円規模に上る可能性がある。野村不動産HDの時価総額は約3900億円。

 日本郵政グループは、国営郵政時代からの名残で全国各地の主要ターミナル駅前などの一等地に巨大な郵便局の建物を保有しており、不動産事業を展開するのに有利な立場にある。実際、JR東京駅や大阪駅名古屋駅周辺などで新たな商業施設を展開する再開発事業の中心的なプレーヤーとなっている。また、不動産各社と共同で分譲住宅事業も手掛けており、野村不動産HDとの共同事業もある。

 野村不動産HDは「プラウド」ブランドのマンション分譲が主力の野村不動産を傘下に置く持ち株会社。投資家から集めた資金を運用する「野村不動産投資顧問」もグループに有する。豊富な土地と資金力を持つ日本郵政グループはパートナーとしてふさわしいと判断したものとみられる。

2017.5.11 「君の名は。」Amazonの人気予約ランキング1~8位独占の偉業達成。

昭和世代にとっての「君の名は」といえば鈴木京香でしょうか。

まったく違うストーリーの平成の「君の名は。

わたしは映画館で実際に見ましたが、すごいな、の一言。

 

トーリーよし。

音楽よし。

背景の描写含め、もちろんアニメのクオリティもよし。

 

リピーターがいる、というのも納得できる作品でした。

 

そんな「君の名は。」がついにDVDで発売が決定。

2017年7月26日を予定しています。

複数の特典が選べる仕組みになっていることから、アマゾンの売り上げランキングでなぜか同じ作品が8位まで独占するという椿事。

 

以下ニュース引用です。日刊ゲンダイDIGITALより。

 

 7月26日に発売される大ヒットアニメ映画「君の名は。」のブルーレイ&DVDをめぐり、ちょっとした“珍事”が起こっている。

 予約受付が始まった10日午前0時から大手通販サイト「Amazon」には予約購入するファンが殺到。売れ筋ランキングのDVD部門で、「君の名は。」がトップ10の大半を占める事態になっているのだ。

 11日午後5時半現在、1位から8位までを「君の名は。」が独占中。特典内容の異なる各バージョンが別々にランキングされているのが原因だ。作中のワンシーンが描かれたしおりをはじめとする豪華特典付きの価格1万円を超えるバージョンが1位に入るなど、人気の高さがうかがえる。

 この珍現象に対し、ネット上では<ヤバすぎ><やっぱり名作は違うね>など上位独占を喜ぶファンの声が続々。<早く予約しなきゃ><予約の特典が良すぎて選べない>といった悲鳴も少なくない。

 同作の興行収入は200億円を突破。10日には監督の新海誠氏(44)の偽サイン色紙がネットオークションに出品され逮捕者が出るなど、公開から8カ月が過ぎた今もなお圧倒的な人気を誇っている。今回のランキングも、ファンの支持が色濃く反映された格好だ。

2017.5.10 ジャガイモの植え付け最盛期。お盆明けには収穫。9月にはポテトチップスになります!

先月、ピザポテト販売休止という今年いちばんともいえる悲しい経済ニュースをお届けしました。

巻き返しをはかるべく、じゃがいもががんばっています。

北海道にポテチの命運がかかっている、といっても過言ではないだけに、植え付けが最盛期を迎えた、という明るいニュースはうれしい限りです。

 

以下ニュース引用です。FNNより。

 

台風の影響によるジャガイモの不作で、ポテトチップスが販売停止に追い込まれたが、北海道では、ジャガイモの植えつけが最盛期を迎えている。
北海道・芽室町では、ジャガイモの種イモをトラクターにつけられた機械で一定間隔で植えていて、3,000haの畑には、きれいなしま模様が描かれている。
このジャガイモは、お盆明けには収穫され、9月には、ポテトチップスになり、店頭に並ぶ予定。

2017.5.9 敬虔なる祈り。JR東京駅にイスラム教徒が利用できる祈祷所を設置へ。

どうなんでしょうなこれは。

日本、特に東京は宗教色がかなり薄い。

そんなところに突然イスラム教徒が利用できる祈祷所を作るといわれても。

利用する人もなかなか入りにくいのでは駅でしかも混んでいる駅となると。

 

羽田空港、成田空港など、国際空港に置くならまだわかるけど。

観光客って東京駅、そんなに利用するのかな。

 

以下ニュース引用です。ITmedia ビジネスオンラインより。

 

 JR東日本は5月9日、東京駅構内に、イスラム教徒などが利用できる祈祷(きとう)室を6月5日に開設すると発表した。東南アジアなどからイスラム教徒の旅行者が増えているのに対応する。JR東日本グループとしては初めて。

 

 東京駅丸の内北ドームの「JR東日本訪日旅行センター」内に設ける。2人程度が静かに過ごせるスペースとし、体を清める「小浄施設」を設置する。宗教・宗派を問わずに利用できる。

 訪日客受け入れ強化の一環。このほか、東北・北海道新幹線のE5系、秋田新幹線E6系には車内荷物置き場を7月以降順次設置するほか、台湾の中華航空と連携した訪日旅行商品を発売する。