あのとき歴史は動いた?

1日1記事。わたしが気になったニュースを国内・海外からpickup。独断と偏見でコメントも添えてお届けします。古代より日記は史料として貴重な財産。現在の「○○を食べた」「○○と今日はデート」的な個人ブログとは一線を画してお届けします。

2017.8.7 安保理決議に対抗。北朝鮮「最終手段辞さず」「全面排撃する」。

カリアゲ君のおかげで盛り上がってきた朝鮮半島ですが、何気に休戦中ということで、また勃発しても不思議はないわけです。

 

お父さん、おじいさんよりカリスマ性がない、というのはある意味かわいそうですが、やたらと「正義」ということばを振りかざすのは何か意味でもあるんだろうか。

 

安保理決議に反発して「排撃」ということばを使ってる以上、攻撃されても文句はないってことだよね?

1992年ごろに北朝鮮空爆の話もあったようですが、韓国側の要請で立ち消えになったという話も。あのとき始末しておけば・・・歴史ifに意味はないんですけども。

 

というわけで以下ニュース引用です。時事通信社より。

 

 朝鮮中央通信によると、北朝鮮は7日、政府声明を発表し、国連安保理で新たな制裁決議が採択されたことについて、「全面排撃する」と強く反発した。

 その上で、「米国がわれわれを圧殺しようとする無謀な試みをやめず、軽挙妄動するならば、いかなる最終手段もちゅうちょしない」と警告し、米国の圧力強化に対してさらなる軍事挑発を示唆した。

 2度の大陸間弾道ミサイルICBM)発射を受けて、安保理が5日に採択した制裁決議をめぐり、北朝鮮が反応したのは初めて。北朝鮮は声明で米国への対抗意識を強く打ち出し、決議を米国による「でっち上げ」と批判。「断固とした正義の行動に移る」とけん制した。

 また、北朝鮮に対する「米国の極悪な犯罪の代価を1000倍で清算する」と強調。米国の核の脅威が続く限り、核については交渉せずに核戦力を強化するとし、制裁決議で米国に加担した国々も「朝鮮半島情勢(の緊張)を激化させ、地域の平和と安全を危うくした責任を逃れられない」と非難した。

2017.8.6 1時間30分で一気に気温が10度低下の怪。山口市。

夏真っ盛りの8月6日。

広島に原爆が投下されてから72年。

そんな真夏の中国地方で怪奇現象が起きました。

詳細は以下引用です。ウェザーニュースより。

 

【1.5時間で10℃以上ダウン】
 今日は、台風5号による暖かく湿った南風が影響し、山口市は午前11時35分に37.0℃まで上がりました。

 ところが、台風5号の外側の雨雲がかかり始め、雨が降り出した途端に気温は急降下。1時間半ほどで10℃以上下がり、午後1時10分に26.7℃まで下がりました。

 雨雲の流れ込みはまだ断続的で、降ったりやんだりです。気温が下がって危険な暑さは脱したものの、ムシムシジメジメと不快な暑さが続きそうです。

 山口市の他にも、山陰エリアや近畿北部など35℃を超えて猛暑日となっている所が多いものの、雨が降り出すと気温が急降下しそうです。この気温のアップダウンは、台風が近づいているサインでもあります。中国四国や近畿エリアの方は、天気が穏やかなうちに、雨や風に対する備えを行ってください。

2017.8.5 2度延期の消費税10%への増税、予定通り行うと首相。

 予定通り2019年10月に消費税10%にすると安倍総理

 これだけ世間の信頼を失墜させておきながら、予定通りというのは。

 そもそも政権がそれまで持つかもわかりませんぜ。

 

 というわけでニュースは以下引用です。読売新聞より。

 

 安倍首相は5日、読売テレビの番組に出演し、2019年10月の消費税率10%への引き上げについて、「予定通り行っていく考えだ」と述べた。

 当初15年10月の予定だった10%引き上げは、首相が景気失速への懸念から2度延期している。内閣支持率の下落で与党内からもアベノミクスへの批判が出ており、財政再建に取り組む姿勢を強調した。今後の経済運営については「企業に働きかけて賃上げし、デフレからの脱却を目指したい」と述べた。

 憲法改正を巡っては「野党を含めできるだけ多くの多数派を形成する努力は重ねなければならない。みんなで納得しないと国民投票過半数を得るのは難しい」と語り、国会発議には幅広い合意が必要との認識を示した。

2017.8.4 岡山発。ゾウガメのプリズンブレイク。しかも2度目@渋川動物公園。

カメは足が遅い。

通説ですし、まさか動物園からゾウガメがいなくなる、というのは予想がなかなかつきません。

しかも体調1mというけっこうな大きさのアルダブラゾウガメ。

この記事を書いているのが8月4日ですが、1日から行方不明ということでもう3日です。

海に帰った?のかは本人のみぞ知るところですが、前科があるそうで前にも1度脱走しているとのこと。

来週からプリズンブレイクが新シリーズレンタル開始ですが、カメも脱獄するのか。

 

というわけで以下朝日新聞デジタルより引用です。 

 

 岡山県の渋川動物公園(玉野市渋川3丁目)で、飼育している大型陸ガメのアルダブラゾウガメ「アブー」が1日から行方不明になっており、同園は情報提供を求めている。

 

 同園によると、アブーは体長約1メートル、体重約55キロの雌。開園中は園内で放し飼いにしており、1日午前11時半ごろ、職員がアブーがいなくなっていることに気づいた。防犯カメラを確認すると、同日午前8時45分ごろ、入園ゲートから園外に出る様子が映っていた。性格はおとなしく、時速1キロほどで歩き、人に危害を加える恐れはないという。

 アブーは7月にも園外に出たが、200メートル離れた市道ですぐに見つかった。宮本純男園長(79)は「カメだから遅いという先入観が災いした」などと話している。情報は同園(0863・81・3030)へ。

2017.8.3 内閣改造。外相に河野氏・総務相に野田聖子氏が内定。

 内閣改造より首相をチェンジしてほしいと思っているんですが、まあ衆議院選挙までは厳しい。

 そして今の野党じゃ政権交代もおぼつかないだろうから、結局消去法でまたアベ内閣って流れだろうから、東京オリンピックまでは自民党のままいくしかないんでしょうか。

 

内閣改造を行った結果、まあサプライズは外務大臣くらい。河野太郎さんはほかにもっと向いた役職がある気もするが、、、経験を積ませたいのかな。

 

別にサッカー日本代表を決めているわけじゃないので、サプライズは特別必要じゃないけれど、まあたんたんと仕事をしてくれる人を選んでくれ、という感じ。

 

以下ニュース引用です。毎日新聞より。

 

 安倍晋三首相(自民党総裁)は3日、内閣改造・党役員人事を行う。2日夜までに全19閣僚と党の新執行部の顔ぶれが固まった。党政調会長岸田文雄外相(60)を内定し、後任の外相には河野太郎行政改革担当相(54)を充てる。党要職を希望した岸田氏の意向を受け入れた。文部科学相には林芳正元農相(56)、経済再生担当相には茂木敏充政調会長(61)を起用する。茂木氏は安倍内閣が新たな看板政策に掲げる「人づくり革命」も担当する。首相と距離を置いてきた野田聖子元総務会長(56)は総務相兼女性活躍担当相として入閣する。

 首相は今回の人事で、自らに近いとされる議員を重要ポストから極力外した。6人を初入閣させ、党内の不満を吸収し、挙党態勢を築くことを意識した。首相官邸で人事の調整を進めた同日夕、内閣改造への意気込みを問われ「しっかり考えていきたい」と語った。

 初入閣する6人のうち、江崎鉄磨元副国土交通相(73)は沖縄・北方担当相兼消費者行政担当相に内定した。環境事務次官を務めた中川雅治参院議院運営委員長(70)は環境相自民党小此木八郎国対委員長代理(52)は国家公安委員長兼防災担当相、松山政司参院国対委員長(58)は1億総活躍担当相に就任する。斎藤健副農相(58)は、農相に昇格し、自民党梶山弘志政調会長代理(61)は地方創生担当相として入閣する。

 初入閣以外では、上川陽子元法相(64)が法相として再登板する。厚生労働相には加藤勝信1億総活躍担当相(61)、五輪担当相には鈴木俊一環境相(64)を起用する。小野寺五典元防衛相(57)の防衛相への再起用もすでに内定している。公明党石井啓一国交相(59)も同党の意向も踏まえ留任する。

 麻生太郎副総理兼財務相(76)、菅義偉官房長官(68)ら政権の「骨格」、ロシアとの経済協力を担当する世耕弘成経済産業相(54)も留任する。4月に就任したばかりの吉野正芳復興相(68)も続投する。

 政調会長以外の党役員人事では、総務会長に竹下亘国対委員長(70)、選対委員長に塩谷立文科相(67)が内定した。二階俊博幹事長(78)と高村正彦副総裁(75)は留任する。

 竹下氏の後任の国対委員長には森山裕前農相(72)を充てる。

 幹事長代行に内定した萩生田光一官房副長官(53)の後任には、西村康稔総裁特別補佐(54)が就く。参院野上浩太郎官房副長官(50)、事務の杉田和博官房副長官(76)は留任する。