読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あのとき歴史は動いた?

1日1記事。わたしが気になったニュースを国内・海外からpickup。独断と偏見でコメントも添えてお届けします。古代より日記は史料として貴重な財産。現在の「○○を食べた」「○○と今日はデート」的な個人ブログとは一線を画してお届けします。

2016.12.16 フリーエージェントだった上原浩治、カブスと1年600万ドルで契約!

41歳で年俸が7億近い。

需要があるっていいな、と思えるニュースが飛び込んできました。

同い年だもんな。。。7億ウォンだとしてもいいなと思ってしまう。

今年は正直、後半に元気がないニュースが多かった印象なだけに、うれしいニュースでしたね。

 

以下はデイリースポーツより引用です。

 

 米大リーグ、カブスは14日(日本時間15日)、レッドソックスからフリーエージェント(FA)になっていた上原浩治投手(41)と1年契約で合意したと発表した。米スポーツ専門局、ESPN電子版によると、年俸は600万ドル(約6億9000万円)だという。

 

 6球団がベテラン右腕に興味をもっていたという。

 

 メジャー9年目を戦う場所として上原が選んだのは、今季、108年ぶりにワールドシリーズを制したカブスだった。知将、マドン監督の指揮の下、伸び盛りの若い野手陣と安定感抜群の投手陣がしっかりかみ合い、2年連続でプレーオフに進出している。勝利優先-。代理人の言葉を裏付けるかのように、ESPNなど、複数の米メディアが「カブスより好条件を出したチームがあった」と報じている。