読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あのとき歴史は動いた?

1日1記事。わたしが気になったニュースを国内・海外からpickup。独断と偏見でコメントも添えてお届けします。古代より日記は史料として貴重な財産。現在の「○○を食べた」「○○と今日はデート」的な個人ブログとは一線を画してお届けします。

2016.12.19 クラブW杯決勝。鹿島アントラーズ、レアル・マドリードから2得点。

2016年12月

レアル・マドリード鹿島アントラーズの対戦となった2016年のクラブワールドカップ

 

ジダンの1年目、ということで浮沈があるかと思いましたがさすがにレアル。

大味な試合がリーグ戦では多いイメージですが、やはりカップがかかると調整してきます。

 

当然ぼこぼこにやられる。

そう思っていましたが、予想外の展開に。

後半では2対1とリードする展開。

誰が予想したでしょうか。

 

向こうのコンディションの問題と、こちらは圧倒的なホームで戦えたこと、など利点はまああったわけですが、正直、得点すらできないだろうと思っていたので、この結果は衝撃でした。

 

サッカーはつくづくチームスポーツなんだな、と改めて感じさせられた試合。

今の寄せ集めの日本代表より守備ははるかにいいような?

結果は4点とられて敗北だったわけですが、90分でドローに持ち込めたこと自体がすごいこと。

 

来年は鹿島が出てくるかはわかりませんが、ぜひ日本のチームにまた決勝に行ってもらいたい。

 

みなさんご存知かと思いますが、ニュースはこんな感じでした。

サンケイスポーツより引用です。

 

 クラブW杯決勝(18日、Rマドリード4-2鹿島、横浜国)初出場で決勝に進出したJ1王者・鹿島(開催国枠)は敗れたものの、MF柴崎岳(24)が2点を挙げる活躍。海外志向の強い司令塔が、世界にその存在を強烈にアピールした。

 

 一方、就任1年目で世界一に輝いたレアル・マドリードジネディーヌ・ジダン監督(44)も鹿島の健闘を絶賛。準優勝の鹿島は先発11人分の年俸にほぼ相当する賞金400万ドル(約4億6000万円)を手にした。