読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あのとき歴史は動いた?

1日1記事。わたしが気になったニュースを国内・海外からpickup。独断と偏見でコメントも添えてお届けします。古代より日記は史料として貴重な財産。現在の「○○を食べた」「○○と今日はデート」的な個人ブログとは一線を画してお届けします。

2016.12.21 ノロウイルス、餅つき大会を中止に引きずり込む。

2016年12月

わたしの身内も壊滅?してしまったノロウイルス

2016年12月、猛威をふるっています。

 

もういくつ寝るとお正月ー。

あと10日でいよいよ2017年。

 

そんなお正月の風物詩のひとつ、餅つきですが、試練を迎えているようです。

 

ノロと餅つき。

因果関係がないようであるんですね。

各地で早くも中止する動きが広がっています。

 

それはわかるんですが、「ついた餅と違うものを提供する」形でやる、というのは???

意味ないような・・・

そして、ついた餅は廃棄するのかこれは???

 

つきたてが美味しい。

自分がついたから美味しい。

それが餅つき。

 

以下は読売新聞引用です。

 

 ノロウイルスが全国的に猛威を振るう中、集団食中毒の恐れがあるとして、餅つき大会を中止する動きが広がっている。

 

 「やむを得ない」と理解を示す声がある一方で、「地域の伝統文化を守りたい」との考えから、ついた餅と違うものを提供するなど、工夫して伝統行事を続けるケースもある。