読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あのとき歴史は動いた?

1日1記事。わたしが気になったニュースを国内・海外からpickup。独断と偏見でコメントも添えてお届けします。古代より日記は史料として貴重な財産。現在の「○○を食べた」「○○と今日はデート」的な個人ブログとは一線を画してお届けします。

2017.1.2 箱根駅伝往路、青山学院大学が2位早稲田大学に33秒差をつけて勝利。

2017年1月

わたしの母校はシード権が危ない。

そんな2017年の箱根駅伝

往路は戦前の予想どおりに青山学院大学が33秒差をつけてまずは勝利。

とはいえ、この秒数、2位の早稲田大学も想定内以上だろうし、復路はどう転ぶかわかりません。

とはいえ、わたしの母校はテレビに映るのかどうかすら危うい。

目指せ1けた着順。競馬みたいだけど。

 

ニュースは以下引用。デイリースポーツより。

 

 3年連続3回目の青山学院大、原晋監督がインタビューに応じた。3区の秋山雄飛(4年)が区間賞の快走で優勝に貢献したが、「正直、3区の秋山だけが心配だったんですね」と告白した。

 

 無事、レースを終え「そこでトップに立てて離すことができ、良かったですね」と笑顔。2位の早大とは33秒差と差は少ないが「復路にも非常に速い、強いランナーをそろえてますので、どんと構えて3連覇、3冠にチャレンジしたいと思います」と自信を持って復路に挑む。