読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あのとき歴史は動いた?

1日1記事。わたしが気になったニュースを国内・海外からpickup。独断と偏見でコメントも添えてお届けします。古代より日記は史料として貴重な財産。現在の「○○を食べた」「○○と今日はデート」的な個人ブログとは一線を画してお届けします。

2017.1.3 史上初・箱根3連覇・大学駅伝3冠!東京五輪に選手を出すのか青山学院大学。

2017年1月

わが母校は往路はふるわなかったものの、まさかの復路で挽回し8位。

ってことは・・・

シード権!!!ありがとう!!!

まさか往路より着順をあげるとは・・・

 

と思ったらはるかかなたには青山学院大学が。

わたしの世代は駒澤大学や早稲田が強かったんですが、3連覇・3冠ってのは世代交代が頻繁な大学だけに偉業といえます。

スポーツ推薦だけじゃここまで強くはならないかと。どこの大学もやってるし。

 

というわけで、わが母校8位のニュースは当然はるかに小さい。

以下スポニチアネックスより引用です。

 

 初の箱根3連覇と大学駅伝3冠の同時達成という大偉業。原監督は「青山学院と原を信じて学生を送ってくれた高校の先生方に感謝を申し上げたい。それから、各年代の4年生が青山学院の歴史を作ってくれた。本当に感謝します」と感無量の面持ちで語った。

 2位を走る早大との差を広げていた7区の田村和希(3年)が、15キロ付近でまさかのペースダウン。ここまで順調だったレース展開に暗雲が立ち込めた。原監督は「田村が10キロを通過したあたりでは『もう楽だな』と思っていたんですけど、箱根のあっと驚く“まさか”がありましたね」と振り返る。

 だが続く8区で下田裕太(3年)が2年連続区間賞を獲得する走りを見せ、再び独走状態に。「圧巻の走り。後ろから見てほれぼれしましたね。そこである程度(総合優勝の)メドがたちましたね」と下田をたたえた。

 今後の目標について聞かれると「我が青山学院軍団から、東京五輪を目指せるランナーを育成していきたい」と抱負を述べ、最後は「サンキュー大作戦、大成功!といったところでしょうか」と明るく締めくくった。