読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あのとき歴史は動いた?

1日1記事。わたしが気になったニュースを国内・海外からpickup。独断と偏見でコメントも添えてお届けします。古代より日記は史料として貴重な財産。現在の「○○を食べた」「○○と今日はデート」的な個人ブログとは一線を画してお届けします。

2017.1.4 シルミド再び?韓国で北の将軍暗殺計画発動か?

映画『シルミド』。

囚人やいわくつきの人間を集めて金日成暗殺集団を作ろうとしたところ、国内の融和政策により宙に浮きました。

とはいえ計画を知っている人間を生かしておくわけにもいかず、抹殺指令が出たことを知った連中は、ソウルにバスで向かいます。

結局射殺されてしまうわけですが、そんな話がまた始まるのでしょうか?

北のカリアゲくんはほっといても自滅しそうなイメージもありますが。

 

というよりネットのニュースになっている時点で、北も警戒しそうですが。

ニュースは時事通信より引用です。

 

 韓国国防省は4日、黄教安首相に対する2017年の国防政策報告で「有事の際、北朝鮮指導部を排除する特殊部隊を今年の早い時期に創設する」と明らかにした。

 最高司令官の金正恩朝鮮労働党委員長を直接狙う特殊部隊は19年の創設を予定していたが、北朝鮮の核・ミサイル開発の加速を受け、前倒しした。

 韓国軍は朝鮮半島有事を想定し、ミサイル攻撃を防ぐため北朝鮮の関連施設などに先制攻撃する「キルチェーン」や韓国型ミサイル防衛(KAMD)、北朝鮮指導部を狙って直接反撃や報復を加える作戦計画「KMPR」の準備を進めている。

 特殊部隊はKMPRの任務を遂行する実動部隊として創設。核攻撃の兆候を察知した場合、平壌に侵入し、核兵器使用の権限を持つとされる金正恩氏を含む指導部幹部らを「排除する任務」(国防省)を持つ。核・ミサイル攻撃に備え、抑止力を高める狙いもある。