読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あのとき歴史は動いた?

1日1記事。わたしが気になったニュースを国内・海外からpickup。独断と偏見でコメントも添えてお届けします。古代より日記は史料として貴重な財産。現在の「○○を食べた」「○○と今日はデート」的な個人ブログとは一線を画してお届けします。

2017.1.7 巨人・菅野級の若手・平良投手が山口俊投手と入れ替わりDeNAに。

大型補強で各球団のエース、4番を取る。

一昔前の巨人が帰ってきたのが2016年のシーズンオフでした。

 

とはいえ、大型補強するには当然放出しなきゃならない選手が出てきます。

プロテクトは中堅以上で固めた結果、、、意外な有望株が流出したというお話。

 

わたしはベイスターズファンなので、はんぱなおっさん、中堅より、いきのいい若手をじっくり育ててもらったほうがはるかにうれしい。

とはいえ、これは巨人ファンも同じなのでは・・・と思うけど。

なんのためにドラフトで指名したのかわからないよね放出がこんだけ早いと。

 

恩返し、というより、ぜひ二桁勝てる投手になってほしい。

大魔神、番長とあだ名がつく投手が最近ベイはいないので、ぜひあだ名がつくくらいの結果を出してほしい。

以下、日刊ゲンダイDIGITALより引用です。

  DeNAが5日、巨人にFA移籍した山口俊(29)の人的補償で平良拳太郎(21)を獲得したと発表した。

 沖縄・北山高から14年にドラフト5位で入団。今季高卒4年目を迎えるサイド右腕だ。140キロ台中盤の直球と鋭いスライダーが武器で、異名は巨人二軍監督の「斎藤雅樹2世」。15年にファーム日本選手権で先発を任され、昨季は二軍の開幕投手も務めた。

 一軍では、昨年4月7日の阪神戦でプロ初登板初先発。ヘイグ、福留、ゴメス、鳥谷から4連続三振を奪うなど、敗れはしたが能力の高さを見せた。高橋監督も「本当に期待できる投球だった」と及第点を与えていた。このオフは岡本らとプエルトリコウインターリーグに派遣。それだけ巨人も有望株として期待していたはずなのだ。

 二軍でコンビを組むことが多かった捕手の河野は、平良についてこう話していた。

「いかにも沖縄人って感じで、優しいというか、おっとりしていますね。投手としては、器用にいろんな球種を投げます。褒め過ぎかもしれないけど、タイプでいえば菅野さんに近いですね」