あのとき歴史は動いた?

1日1記事。わたしが気になったニュースを国内・海外からpickup。独断と偏見でコメントも添えてお届けします。古代より日記は史料として貴重な財産。現在の「○○を食べた」「○○と今日はデート」的な個人ブログとは一線を画してお届けします。

2017.1.9 悲願の初優勝。青森山田、5対0で前橋育英を破り全国高校サッカー選手権制覇!

東北地方は、ダルビッシュや卓球の福原愛ちゃんなどを輩出するスポーツ大国。

とはいえ、ダルビッシュは元は関西。

そう考えるとスポーツ留学的な勝利ともいえますが、だとしても東北でやりたいと思えるだけの魅力をもった高校が多い、という裏返しでもあります。

 

そんな福原愛ちゃんの母校でもある青森山田

ついに戴冠です。

北関東の雄・前橋育英もほぼ毎年この舞台に来ていますが、まさかの5対0の完封負け。

後半は心が折れた感じもしますが、決勝戦にしては大味になりました。

 

以下、スポニチアネックスより引用です。

 

 第95回全国高校サッカー選手権大会は9日、埼玉スタジアムで決勝戦が行われ、20年連続22回目出場の青森山田(青森)が3年連続20回目出場の前橋育英(群馬)を5―0で下し、初優勝を果たした。青森県勢の優勝は史上初。1966年度の第45回大会で秋田商(秋田)が藤枝東(静岡)と両校優勝を飾って記録した最北優勝を50年ぶりに更新した。前橋育英は2年ぶり2度目の決勝進出だったが、悲願の初優勝はならなかった。