あのとき歴史は動いた?

1日1記事。わたしが気になったニュースを国内・海外からpickup。独断と偏見でコメントも添えてお届けします。古代より日記は史料として貴重な財産。現在の「○○を食べた」「○○と今日はデート」的な個人ブログとは一線を画してお届けします。

2017.2.6 脚の長さを測る。そのためには股間に手を突っ込むのが兵庫県警。男性警部補セクハラで訓戒処分。

兵庫県警が熱い。

7人乗りのワゴン車に9人乗った、というのはまあご愛嬌レベル。

 

女性警察官の脚の長さを測るために。

股の間に手を入れる。

 

事件は会議室で起きてるんじゃない!飲み屋で起きてるんだ!

 

ニュースは以下引用。時事通信より。 

 

 兵庫県警芦屋署の男性警部補(49)が、飲酒の席で同署の女性警察官にセクハラ行為をしたとして、訓戒の処分を受けていたことが6日、県警への情報公開請求で分かった。

 処分は昨年12月26日付。県警によると、警部補は「軽率な行為で反省している」と話しているという。

 県警によると、警部補は昨年10月26日夜、神戸市内の飲食店で、同署の男女2人の警察官に対し、「お前ら、どっちが脚長いねん」などと発言。脚の長さを測るため、2人を立たせて股の間に手を入れ、女性の体に触れたという。女性が被害を訴え発覚した。

 また、この飲食店に向かうため、署員所有の定員7人のワゴン車に9人で乗ったとして、同署副署長の男性警視(58)と、同署の男性警部(45)をそれぞれ注意処分とした。副署長は「定員外乗車には気付いたがそのまま行った。幹部として軽率だった」と話しているという。