あのとき歴史は動いた?

1日1記事。わたしが気になったニュースを国内・海外からpickup。独断と偏見でコメントも添えてお届けします。古代より日記は史料として貴重な財産。現在の「○○を食べた」「○○と今日はデート」的な個人ブログとは一線を画してお届けします。

2017.3.14 昭和65年製造の1万円硬貨。函館のコンビニでバレはしたけど会計はできた!

昭和64年は一週間程度で終わりました。

というわけで昭和65年というのは存在しない年号なわけで、昭和64年と平成元年が混在していた、というのが正しい認識なわけですが。。。

 

昭和65年製造と刻印がある偽1万円玉。

札じゃなく玉。

記念硬貨、として偽造したようですが、コンビニの店員はだませたようで、おつりまでもらえたようです。

 

とはいえ、、、まあバレるよね。

よりによって昭和65年とは。まあシャレたつもりなのかもしれないし、まさか本気で使うやつがいると思って偽造したとも個人的には思ってないけど。

とはいえ、平成生まれは知らないのか?

昭和が何年で終わったのか。

記念硬貨の柄まではさすがに知らないだろうしなあ。

 

というわけで以下ニュース引用です。北海道文化放送より。

 

 実在しない"昭和65年"の偽硬貨で逮捕です。2017年1月、北海道函館市で、1万円の記念硬貨の模造品を使い、商品などをだまし取ったとして、詐欺の疑いで男が逮捕されました。

 実在しない"昭和65年"の文字。表面には1万円と印字されています。裏には橋のような図柄も。

 岐阜県派遣社員佐々木直也容疑者(31)は、2017年1月、函館市のコンビニで、偽物と知りながら1万円の記念硬貨1枚を使用して、商品とお釣り8500円余りをだまし取ったとして、詐欺の疑いで逮捕されました。

 佐々木容疑者は「だましました」と容疑を認めているということです。

 警察は、偽硬貨の入手経路などを捜査しています。