あのとき歴史は動いた?

1日1記事。わたしが気になったニュースを国内・海外からpickup。独断と偏見でコメントも添えてお届けします。古代より日記は史料として貴重な財産。現在の「○○を食べた」「○○と今日はデート」的な個人ブログとは一線を画してお届けします。

2017.3.24 東京都練馬区の都立城北中央公園でカラス50羽、毒殺される?

確かに都心はカラスが多い。

というより、カラスよりも妙にハトを見かけるんだが・・・

「えさをあげないで!」という区からの張り紙がけっこうあります。

 

関係あるようでない話ですが、佐川急便の配達員があまりのストレスに荷物を投げていた、という話となんとなく通じるようなストレス解消に思えます。

 

景気回復?してませんよ総理。

電気代も、地味にタバコ代も新年度であげるみたいですけど、景気、よくないですよアベ総理?

まあしょせんボンボンに期待するだけ無駄というものか。

というわけでニュース引用です。時事通信より。

 

 24日午後3時25分ごろ、東京都練馬区氷川台の都立城北中央公園で「カラスが50羽くらい死んでいる」と公園事務所の女性職員から110番があった。

 駆け付けた警視庁練馬署員が公園内でカラス約50羽の死骸を確認した。同署は、何者かがまいた毒物を食べて死んだ可能性があるとみて、鳥獣保護法違反容疑も視野に調べている。

 練馬署によると、同日午後3時5分ごろ、公園内で犬の散歩をしていた高齢女性2人が「パンを食べたカラスが死んだのを見た」と公園職員に届け出た。死骸はカラスだけで、公園内を流れる川を挟んだ半径約20メートルの範囲に集中していた。人からの被害の訴えはなかった。

 現場付近でカラスが食べたとみられるものは見つかっていないが、署員が到着したときには弱ったカラスもいた。同署は死骸を調べ、原因の特定を急ぐ