あのとき歴史は動いた?

1日1記事。わたしが気になったニュースを国内・海外からpickup。独断と偏見でコメントも添えてお届けします。古代より日記は史料として貴重な財産。現在の「○○を食べた」「○○と今日はデート」的な個人ブログとは一線を画してお届けします。

2017.4.9 芦田愛菜が選んだのは慶応中等部。

芦田愛菜だよー!

子役女優、ということばがあるのを初めて知りました。

 

そして大学付属を選ぶとは意外とというかやはり堅実なのかなと。

女子学院や埼玉の進学校に入ってもまた大学受験がある。

そういう意味ではキャンパスも都内と日吉、まあ湘南にもあるけど、動きやすい立地の慶応を選ぶのは自然だったんでしょうか。

 

とはいえ、慶応中等部。

わたしが中学受験したときも偏差値70。

普通部が68くらい。

何年経っても人気は変わらないんだな、と改めて。

 

以下ニュース引用です。日刊スポーツより。

 

子役女優の芦田愛菜(12)が8日、都内の名門中学・慶応義塾中等部に入学した。昨年は芸能活動をセーブし、予備校にも通い受験勉強に全力を傾けた。今年2月、見事に複数の都内超難関中学に合格。いずれも偏差値70以上の中学だったが、その中で芸能活動もできる慶応中等部を選択した。この日は小雨もちらつく天気だったが、グレーの式典用制服を着て、中学校に隣接する慶応大での入学式に楽しそうに出席した。