読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あのとき歴史は動いた?

1日1記事。わたしが気になったニュースを国内・海外からpickup。独断と偏見でコメントも添えてお届けします。古代より日記は史料として貴重な財産。現在の「○○を食べた」「○○と今日はデート」的な個人ブログとは一線を画してお届けします。

2017.4.17 文字通り「飼い犬に手をかまれる」。秋田犬にかまれ女性死亡@北海道。

「飼い犬に手をかまれる」

腹心、信頼していた部下に裏切られたときに使うことばでもあります。

とはいえ、この表現では、基本的に死ぬところまではいかないイメージがある。

社会的なダメージを受けるか、社内・役所内でダメージを受けるか、といったイメージ。

 

が、文字通り飼い犬に手をかまれて亡くなってしまうという事件が起きました。

事件、と呼ぶのかはわからないけれど犯人が犬の場合・・・

秋田犬にガブっとかまれると、やはりシャレにならない量の出血になるんだろうな、と記事を読んで感じました。

うちはミニチュアダックスフントなので、かまれたところでここまでにはならないとは思いますが・・・

大型犬は飼ったことがないのでわかりません。

 

というわけでニュースは以下引用です。

時事通信より。

 

 17日午前11時ごろ、北海道斜里町ウトロ高原の無職今野恒子さん(79)宅の玄関前で、今野さんが飼っている秋田犬に右腕をかまれ座り込んでいると110番があった。

 今野さんは病院に搬送されたが、出血性ショックで死亡した。

 道警斜里署によると、犬は体長約1メートルの3歳雄で、今野さん宅の敷地内で長さ約2.5メートルの鎖につながれていた。餌を入れる皿に血痕があり、餌やり中にかまれた可能性があるとみている。