読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あのとき歴史は動いた?

1日1記事。わたしが気になったニュースを国内・海外からpickup。独断と偏見でコメントも添えてお届けします。古代より日記は史料として貴重な財産。現在の「○○を食べた」「○○と今日はデート」的な個人ブログとは一線を画してお届けします。

2017.4.18 佐渡に現れたおそまつなルパン三世。レプリカの金塊5キロを盗む。<佐渡・相川郷土博物館>

持ってみて「あれ?」と思わないのかね。

まあガラス割って警報機も鳴って・・・という中でそんだけ冷静に行動できるんだとしたら、もうちょいリサーチしてから盗むんだろうけど。

 

もって今月いっぱいじゃないかこれは。

あっさり監視カメラ含めて捕まりそう。

全国ネットで流れた手前、売ることもできない。

お疲れって感じですが。

 

ニュースは以下引用です。毎日新聞より。

 

・展示説明文にレプリカの記載なく、犯人は本物と思い込む

 新潟県佐渡市は18日、相川郷土博物館(相川坂下町)で展示していた金塊のレプリカ5キログラムが盗まれたと発表した。

 盗まれたのは「佐渡金山の金・銀」としてガラス製のショーケース内で展示していた金塊のレプリカ5枚(1枚当たり1キロ)。

 

 17日午前0時35分ごろ、博物館併設の倉庫出入り口に設置していた警報器が作動し、約30分後に警備員が駆け付けたが、出入り口の扉ガラスは割られ、金塊がなくなっていたという。防犯カメラは設置されていなかった。

 市によるとレプリカは一般的な金属に金メッキを施したもの。展示の説明文に金塊がレプリカだとの記載はなく、犯人は本物の金塊だと思い込み盗んだとみられる。本物の金塊は別の場所に保管されており、無事だった。

 

 貴金属大手、田中貴金属工業の18日時点の金小売り価格は1グラム当たり税込み4902円。本物の5キロなら2451万円となる。

 市は既に県警佐渡西署に被害届を提出。市の担当者は「レプリカといえどもガラスが割られて盗まれたことは事実」と怒りをあらわにしている。