読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あのとき歴史は動いた?

1日1記事。わたしが気になったニュースを国内・海外からpickup。独断と偏見でコメントも添えてお届けします。古代より日記は史料として貴重な財産。現在の「○○を食べた」「○○と今日はデート」的な個人ブログとは一線を画してお届けします。

2017.4.25 「大震災が東北でよかった」と日本の復興相語る。

馬鹿は死ななきゃ治らない。

といいますが、まあそうなんだな、とある意味人間国宝なみのバカが国会議員、かつ閣僚にいることが判明。

しかもこの日本に。

 

しかも担当が復興相。

手に負えない、というより、任命責任含め、内閣全体がバカなのか?と思えるようなていたらく。

 

すばらしいバカっぷり、ある意味清涼感すら感じさせるさわやかな脳みそ不足の閣僚のコメントはこちらからご堪能ください。

時事通信より引用です。

 

 今村雅弘復興相は25日夕、東京都内のホテルで開かれた自民党二階派のパーティーで講演し、東日本大震災について「(発生場所が)東北で、地方だったから良かった。これがもっと首都圏に近かったりすると莫大(ばくだい)な、甚大な被害があった」と述べた。

 原発事故の自主避難者をめぐる「自己責任」発言に続き、被災者らの反発は必至だ。

 今村氏は講演後、記者団の取材に対し、発言を取り消す意向を示すとともに、「不適切で、反省し、おわびする」と陳謝した。進退に関しては「そこまで(考えが)及んでいない」と述べ、辞任を否定した。

 安倍晋三首相は同じパーティーに後から登壇し、復興相の発言について「東北の方々を傷つける極めて不適切な発言があったので、首相としておわびしたい」と述べた。

 一方、公明党大口善徳国対委員長は国会内で記者団に「政治家として自ら出処進退を決断すべきだ」と述べ、復興相の辞任を促した。

 今村氏は4日の記者会見で、東京電力福島第1原発事故に伴う自主避難者への対応に関し「本人の責任だ。裁判でも何でもやればいい」などと発言。避難者をはじめ、与野党から厳しい批判を浴び、撤回した経緯がある。

 今村氏は今回の発言を取り消す際、「東北でもあんなひどい災害だった。首都圏に近い方だったらとんでもない災害になっただろうという意味で言った」と釈明した。