あのとき歴史は動いた?

1日1記事。わたしが気になったニュースを国内・海外からpickup。独断と偏見でコメントも添えてお届けします。古代より日記は史料として貴重な財産。現在の「○○を食べた」「○○と今日はデート」的な個人ブログとは一線を画してお届けします。

2017.4.26 後任の新復興相・吉野正芳氏の記者会見をどうぞ。

というわけで昨日の続報で。

更迭になりさようならとなった今村前復興相の公認が決まり、記者会見が本日行われました。

そもそもそんなポンコツを選んだ任命責任というのはどうなるんでしょうか?と民進党あたりからつっこまれそうですが、そこはしのぐんでしょう。

 

ご本人が東北出身だから「許すことができない」発言、というわけではないんですよねそもそも。

日本で生まれて日本の国土で育っておきながら、ああいう発言が出てくるということに問題があるので、自身が被災者、あるいは東北出身、という気負いは別にいらない。

 

真摯に取り組む、それだけでいい。

復興相、という名前なのだから、復興の兆しを見せられるような仕事をしてください。

 

というわけで、正直あまり自民党に期待はしていないんですが、引用は時事通信から。

 

今村雅弘前復興相の辞任に伴い就任した吉野正芳復興相が26日午後、復興庁で就任記者会見に臨んだ。

 福島県いわき市出身の同相は、東日本大震災をめぐり今村氏が「東北で良かった」などと述べたことについて、「われわれ東北の被災地にとっては許すことのできない発言だ」と批判。自らも被災者だと強調した上で「本当に被災者に寄り添っていけるのは私だという自負を持っている」と語った。

 会見冒頭、吉野氏は震災による津波で自宅が半壊し、選挙事務所が全壊したと切り出し、「被災者の気持ちは誰よりもきちんと理解している」と述べた。今後に関しては「政府の一員として内部から被災者、被災地の声を届けていくのが私の大きな役割」との考えを示した。

 積極的に被災地を訪ねる意向を示し、「特に私の場合、福島にずっといたので岩手、宮城の全ての被災地は見ていない。復興の状況やこれからの課題について、現場を歩いて早急に把握し、対応していきたい」と述べた。