あのとき歴史は動いた?

1日1記事。わたしが気になったニュースを国内・海外からpickup。独断と偏見でコメントも添えてお届けします。古代より日記は史料として貴重な財産。現在の「○○を食べた」「○○と今日はデート」的な個人ブログとは一線を画してお届けします。

2017.5.6 お土産界のディープインパクトは白い恋人?2017土産菓子ランキング。

GWも明日日曜で終わり。

ということで、気づいたらまたつまらない日常が帰ってくる、とおなげきのあなた。

次は夏休み!

計画をがっつり立てましょう。

 

そして旅行といえばお土産。

日本で有名、かつおいしいお土産とはいったい何か?

まあこれになりますよね、というニュース。

以下引用です。毎日新聞より。

 

白い恋人」は名実ともに“土産の王者”--。土産菓子に関する調査で、北海道を代表する菓子の一つ、「白い恋人」が認知度と購入経験、それぞれで1位になった。また認知度で2位に入った「うなぎパイ」(静岡)が、実際の購入ランクでは思わぬ結果に。お土産を買う機会も増えるこの時期。よく見かける土産袋は、どれ?

 

調査は企業のマーケティング支援を手がけるネオマーケティング(東京都渋谷区)が4月19~20日、全国の20~60代以上の男女を対象に行い、1000人から回答を得た。

 知っている土産菓子を聞いたところ1位は87.1%で「白い恋人」となり、2位の「うなぎパイ」に13.4ポイントの差をつけた。3位は「鳩サブレー」(神奈川)で2位とはわずか0.5ポイント差だった。

 地域ごとに知っている土産菓子を聞いたところ、東北・北海道エリアでも「白い恋人」は87.1%となり、「ずんだ餅」(59.6%)、「萩の月」(48.8%)の2大宮城名物を抑えてダントツの1位だった。近畿地方はベスト5位のうち、「生八つ橋」(1位)、「つぶあん入り生八つ橋」(4位)、「聖護院八つ橋」(5位)と京都の「八つ橋」が3種類もランクインし、根強い人気をうかがわせた。

 また「購入したことがある菓子」を尋ねたところ、「白い恋人」が47.0%でまたもや1位に。「生八つ橋」(41.7%)、「カステラ」(38.3%)が続いた。このほか認知度では11位だった「もみじ饅頭」(広島)が、購入で6位にランクイン。一方で「うなぎパイ」は認知度で2位になりながら、購入となると「東京ばな奈」や「カステラ」に抑えられ8位だった。

 さらに福岡を代表する菓子であり、かつ東京土産としても人気の「ひよ子」は、全国認知度ではベスト10入りを逃したものの、購入ランクでは9位だった。【江刺弘子】

 土産菓子の認知度ランクは次の通り

 1位 白い恋人(北海道)

 2位 うなぎパイ(静岡)

 3位 鳩サブレー(神奈川)

 4位 生八つ橋(京都)

 5位 東京ばな奈(東京)

 6位 ちんすこう(沖縄)

 7位 カステラ(長崎)

 8位 雷おこし(東京)

 9位 赤福餅(三重)

 10位 ずんだ餅(宮城)

 

まさかとは思いますが、白い恋人って何?というあなたはこちらからご確認ください。