あのとき歴史は動いた?

1日1記事。わたしが気になったニュースを国内・海外からpickup。独断と偏見でコメントも添えてお届けします。古代より日記は史料として貴重な財産。現在の「○○を食べた」「○○と今日はデート」的な個人ブログとは一線を画してお届けします。

2017.5.7 京都市東山区に突如イノシシ出現。ウエスティン都ホテル京都に突っ込む。

ホテルにイノシシ。

日本でありえるのか?と思えるようなニュースがGW最終日となる2017年5月7日に起きました。

そしてイノシシって人間を噛むのか、というのも驚きです。

 

以下ニュース引用です。JNNより。

 

 7日午前、京都市東山区のホテルにイノシシが紛れ込み、捕まえようとした男性従業員が太ももをかまれ軽傷です。

 宿泊客が撮影した映像を見ると、ホテルのロビーで従業員と警察官がサスマタを使ってイノシシを捕まえています。

 午前10時すぎ、京都市東山区のウエスティン都ホテル京都に一頭のイノシシが迷い込みました。かけつけた警察官と従業員によってイノシシは捕らえられましたが、捕獲の際に68歳の男性従業員が右の太ももをかまれ軽傷です。宿泊客にけがはありませんでした。

 イノシシの体長はおよそ110センチで、ホテル地下1階にある自動扉から入ってきたとみられています。

 「従業員の男性5人がかりくらいで、壁に押し当てるように取り押さえて、ほどなく警察の方が来られたので」(ウエスティン都ホテル京都の浜本康夫さん)

 ホテルのすぐ近くには東山がありますが、警察によりますと、これまでに近辺でイノシシの目撃情報は入っていないということです。