読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あのとき歴史は動いた?

1日1記事。わたしが気になったニュースを国内・海外からpickup。独断と偏見でコメントも添えてお届けします。古代より日記は史料として貴重な財産。現在の「○○を食べた」「○○と今日はデート」的な個人ブログとは一線を画してお届けします。

2017.5.19 往復はがき1400万枚、印刷ミス。「往復」が抜けただのハガキに。

わたしはけっこうハガキを購入しています。

理由はただ1つ。懸賞です。

ネットでももちろんかなり応募はできますが、やはりハガキのほうが圧倒的に当選確率が高い。

実際に当たっているわたしが言うことなので、これは真実。

ネットも並行して応募していますが、ネットで当たるものはだいたいしょぼい。

 

というわけで、ハガキは購入しますが、往復ハガキは当然購入しないわけで。

印刷ミスが1400万枚っていうのはすごい。

そこまで印刷するまで誰も気づかなかったのだろうか。

 

以下ニュース引用です。朝日新聞デジタルより。

印刷ミスした写真はネット上で確認できます。

 

 日本郵便は19日、6月1日の料金値上げに合わせて今月15日発売した新しい往復はがき1400万枚に、印刷ミスがあったと発表した。本来は表裏両面の上部に入る「郵便往復はがき」の文言で「往復」が抜けていた。利用に支障はなく、販売は続ける。6月2日以降、在庫がなくなった郵便局から正しく印刷したはがきに切り替える。

 

 印刷会社が内容を微調整した時に、通常のはがきのデータを流用したのが原因。刷り直しの費用は印刷会社が負担する。はがきの印刷ミスは民営化後初めてで、「これだけの規模は過去にも例が無いのでは」(広報)という。