あのとき歴史は動いた?

1日1記事。わたしが気になったニュースを国内・海外からpickup。独断と偏見でコメントも添えてお届けします。古代より日記は史料として貴重な財産。現在の「○○を食べた」「○○と今日はデート」的な個人ブログとは一線を画してお届けします。

2017.6.21 停電で京都~新神戸間の新幹線が立ち往生。復旧のめど立たず。

新幹線に閉じ込められる、ってのはつらいですね。

復旧のめどがたっていない、とのことですが、停電により東海道・山陽新幹線の一部区間が運転できない状況に。

そして、梅雨入りしじめじめした湿気が耐えがたい中、冷房も止まるという影響が出ているとのこと。

 

詳細は以下ニュースより。毎日新聞より引用です。

 

 21日午後7時55分ごろ、東海道・山陽新幹線の京都-新神戸間で停電が発生し、同区間で運転を見合わせた。このため、京都-新大阪間を走行中の上下計10本が緊急停止して立ち往生した。JR東海JR西日本によると、見合わせ区間山口県徳山駅まで拡大。架線断線が原因とみられ、復旧のめどは立っていない。

 JR東海によると、トラブルを受けて線路などを点検した結果、大阪府高槻市西面南の下り線架線で断線を確認した。立ち往生しているのは上り線9本と下り線1本。停電したことで車内の冷房が止まるなど影響が出ているという。