あのとき歴史は動いた?

1日1記事。わたしが気になったニュースを国内・海外からpickup。独断と偏見でコメントも添えてお届けします。古代より日記は史料として貴重な財産。現在の「○○を食べた」「○○と今日はデート」的な個人ブログとは一線を画してお届けします。

2017.7.18 「特に悪質」と行政指導のドコモ、さかのぼって解約可能に。

携帯電話の契約書含め、最近受け取る説明書はガイドはすべて字が小さくないですか?

特に重要なところが?

 

というユーザーの盲点、いや、確信犯的行為でユーザーをこけにしていたNTTドコモちゃん。

天誅がくだったようですが、どうせほかの2社も似たりよったり。

第三、第四のクロフネがこないと日本の会社はちゃんとやらないんでしょうか。

「特に」悪質、ってことはほかの会社も悪質ってこだね携帯会社は。

 

というわけでニュースは以下引用です。朝日新聞デジタルより。 

 

 携帯電話を契約してから8日以内なら違約金なしで解約できる制度について、NTTドコモなど携帯大手が多くの店舗で客に説明していなかった問題で、ドコモは昨年5月18日から今年7月2日の契約者について、さかのぼって解約に応じると発表した。ドコモは大手3社の中でも特に悪質として、6月末に総務省から行政指導を受けていた。

 解約制度は、買った端末を自宅に持ち帰ると電波が通じにくかった場合などが対象。昨年5月施行の改正電気通信事業法で導入された。ドコモは制度について十分説明せず、客が自ら契約書の当該部分を指摘しない限り、制度を適用しない社内ルールも作っていた。7月3日から対応を改善したという。

 解約に応じるのは(1)自宅の電波状況が悪い(2)制度についての説明が不十分だった(3)契約書類を渡されていない――のいずれかに該当する場合。購入した端末はドコモに返す必要があり、解約日までの基本料金、通信料金などは利用者の負担になる。

 KDDI(au)、ソフトバンクも、解約制度などに関する客への説明が不十分だったとして総務省から行政指導を受けた。両社は「対策を検討中」という。(徳島慎也)