あのとき歴史は動いた?

1日1記事。わたしが気になったニュースを国内・海外からpickup。独断と偏見でコメントも添えてお届けします。古代より日記は史料として貴重な財産。現在の「○○を食べた」「○○と今日はデート」的な個人ブログとは一線を画してお届けします。

2017.7.22 東北北部で激しい雨。秋田県の国道、崩落。

 梅雨明け宣言からそんなに日が経っていませんが、日本はやはり台風や雨に悩まされるようです。

 今日の南関東は晴天でいかにも夏、という感じでしたが、東北地方が大変なことに。

 以下ニュース引用です。読売新聞より。

 

 東北北部は22日、前線に湿った空気が流れ込んだ影響で、大気の状態が不安定となり、非常に激しい雨が降った。

 前線は23日も東北地方に停滞するため、気象庁では土砂災害や河川の氾濫への注意を呼びかけている。

 同庁によると、22日の1時間雨量は秋田県大館市で午前8時27分までに78ミリ、秋田市でも午後1時37分までに73・5ミリに達した。青森県なども大雨に見舞われた。

 秋田市の住宅1棟が床上浸水したほか、床下浸水は秋田県10市町で計29棟、青森県3市で計5棟確認された。秋田県五城目町の国道285号では2か所で斜面が崩落し、約5キロにわたって全面通行止めとなった。けが人はなかった。

 同庁によると、23日午後6時までに予想される24時間雨量は、多い所で、東北が180ミリ、北陸と関東甲信で100ミリ。