あのとき歴史は動いた?

1日1記事。わたしが気になったニュースを国内・海外からpickup。独断と偏見でコメントも添えてお届けします。古代より日記は史料として貴重な財産。現在の「○○を食べた」「○○と今日はデート」的な個人ブログとは一線を画してお届けします。

2017.8.6 1時間30分で一気に気温が10度低下の怪。山口市。

夏真っ盛りの8月6日。

広島に原爆が投下されてから72年。

そんな真夏の中国地方で怪奇現象が起きました。

詳細は以下引用です。ウェザーニュースより。

 

【1.5時間で10℃以上ダウン】
 今日は、台風5号による暖かく湿った南風が影響し、山口市は午前11時35分に37.0℃まで上がりました。

 ところが、台風5号の外側の雨雲がかかり始め、雨が降り出した途端に気温は急降下。1時間半ほどで10℃以上下がり、午後1時10分に26.7℃まで下がりました。

 雨雲の流れ込みはまだ断続的で、降ったりやんだりです。気温が下がって危険な暑さは脱したものの、ムシムシジメジメと不快な暑さが続きそうです。

 山口市の他にも、山陰エリアや近畿北部など35℃を超えて猛暑日となっている所が多いものの、雨が降り出すと気温が急降下しそうです。この気温のアップダウンは、台風が近づいているサインでもあります。中国四国や近畿エリアの方は、天気が穏やかなうちに、雨や風に対する備えを行ってください。