あのとき歴史は動いた?

1日1記事。わたしが気になったニュースを国内・海外からpickup。独断と偏見でコメントも添えてお届けします。古代より日記は史料として貴重な財産。現在の「○○を食べた」「○○と今日はデート」的な個人ブログとは一線を画してお届けします。

2017.8.10 東芝、赤字9656億円を計上。国内製造業で過去最高額。

突然ですが、家計簿、つけてますか?

わたしはつけてはないんですが、毎月毎月食費、光熱費などやりくりをする主婦からするとこの赤字額は頭が真っ白になる。

そんなニュースが飛び込んできました。

 

ダイナブックなど、生み出した商品、けっこう好きですし、ブランドとしても信頼を置いているんですが、大丈夫なのか今後。

と思えるのが東芝です。

壮絶な赤字を記録してしまいました。以下ニュース引用です。読売新聞より。

 

 東芝は10日、確定作業が大幅に遅れていた2017年3月期の有価証券報告書(有報)を金融庁に提出するとともに、17年3月期の連結決算を約3か月遅れで正式に発表した。

 最終利益は米原子力事業の巨額損失により9656億円の赤字で、国内製造業で過去最大規模となる。

 東芝監査法人のPwCあらたは、米原子力事業での巨額損失を把握した時期を巡って意見が対立し、正式な決算の発表が遅れていた。PwCあらたは有報に付ける監査報告書で、米原子力事業の損失評価を除き、決算は「重要な点において適正に表示しているものと認める」として「限定付き適正」を表明した。