あのとき歴史は動いた?

1日1記事。わたしが気になったニュースを国内・海外からpickup。独断と偏見でコメントも添えてお届けします。古代より日記は史料として貴重な財産。現在の「○○を食べた」「○○と今日はデート」的な個人ブログとは一線を画してお届けします。

2017.8.21 民進党の代表選、枝野VS前原の一騎打ちに。

民進党蓮舫代表をいびりだした、とわたしは思っているんですが、その後継者争いがいよいよ一騎打ちの様相を呈してきました。

細野が抜けたこともあって、まあこの2人か、という結果に。

枝野のほうがぽっちゃりしていて誠実そうに見える、という程度でどちらがなっても崩壊寸前の党の立て直しは容易ではありません。

 

間違って総理大臣をやってしまった先輩2人のツケを若手が支払う、というのは日本の年金システムみたいでやるせないですが、ニュースは以下引用です。

 

時事通信社より引用です。

 

 民進党蓮舫代表の辞任表明に伴う代表選が21日告示された。

 

 前原誠司元外相(55)と枝野幸男官房長官(53)が立候補を届け出て、一騎打ちの構図が確定した。次期衆院選に向け、自民党に対抗する旗をどう掲げ、共産党との野党共闘にどう臨むかが争点。保守系の前原氏は共産党との関係を見直す考えなのに対し、リベラル勢力の支持を受ける枝野氏は路線継続を訴える。9月1日に投開票される。

 前原、枝野両氏は出陣式に先立ち、衆院議員会館で記者団に意気込みを語った。前原氏は「自民党に代わる選択肢がない。われわれには選択肢を示す歴史的な使命がある」と強調。枝野氏は「本当に地に足を着けた国民政党に脱皮することができるかが問われている」と指摘した。午後に共同記者会見に臨み、基本政策や党運営の方針を説明する。

 前原氏は昨年9月の代表選に続く挑戦。前回は蓮舫氏に大敗したが、今回は現執行部に不満を抱く保守系の支持を集め、国会議員票で優位に立つ。野党共闘は「是非を含めて見直す」として軌道修正する考え。社会保障充実のために消費税増税も必要との立場だ。

 枝野氏の代表選出馬は旧民主党時代を含め初めて。昨年の参院選で党幹事長として野党共闘をけん引し、衆院選でも「経験を生かす」として共産党などとの候補者一本化に意欲を示す。保育や介護分野の雇用、賃金増を打ち出すが、消費税増税は当面見送るべきだとの考えだ。

 民進党では、共闘路線への反発などから所属議員の離党が相次いでおり、新代表の下で党が結束できるかも焦点だ。小池百合子東京都知事との連携を期待して離党を模索する動きもあり、新代表の対応次第で政界再編につながる可能性もある。

 若手の井出庸生衆院議員(39)も出馬を目指していたが、届け出に必要な20人の推薦人が確保できず、断念した。