あのとき歴史は動いた?

1日1記事。わたしが気になったニュースを国内・海外からpickup。独断と偏見でコメントも添えてお届けします。古代より日記は史料として貴重な財産。現在の「○○を食べた」「○○と今日はデート」的な個人ブログとは一線を画してお届けします。

2017.8.31  深海鮫エキスで「血がさらさら」とPR。実際は「どうともならない」。

いきなり秋が来たのか?と思うくらい涼しかった2017年8月最終日。

血液をさらさらにしてほしい、というのは男女、また世代問わず魅力があるPR。

ですが、さらさらにならない、なら話は別。

電話攻勢など、悪質な商売ではさすがにもうこの会社、終わりですな。

お詫びするなら返金しろよ、って話ですが、まあ合意して購入してるわけだからそれは無理か。

 

以下ニュース引用です。朝日新聞デジタルより。

 

 「深海鮫(ざめ)エキス」をうたう健康食品について「血液をさらさらにする」と根拠のない説明をしたなどとして、北海道経済産業局は31日、販売する島田製薬(東京都中野区)に、特定商取引法違反(不実の告知など)で3カ月間の一部業務停止を命じた。全国の消費生活センターなどに相談が相次いでいたという。

 発表によると、同社は消費者に電話をかけて「シマダの深海鮫エキス100」などを勧め、販売。「飲むと血液をさらさらにして、3カ月もしたら完全なきれいな血液になる」「糖尿病に効く」などと告げていたが、効能を裏付ける合理的な根拠はなかったとした。断る消費者に再び電話をして商品を勧めるなどの違反行為もあったと認定した。

 同経産局によると、同社をめぐっては14年4月~17年7月末、北海道をはじめ全国の消費者から消費生活センターなどにトラブル相談や問い合わせが267件寄せられた。中でも14年度の相談は108件にのぼったという。島田製薬は「処分を真摯(しんし)に受け止める。消費者にはおわびをしたい」とコメントした。