あのとき歴史は動いた?

1日1記事。わたしが気になったニュースを国内・海外からpickup。独断と偏見でコメントも添えてお届けします。古代より日記は史料として貴重な財産。現在の「○○を食べた」「○○と今日はデート」的な個人ブログとは一線を画してお届けします。

2017.9.9 八重山日報が尖閣諸島周辺の天気予報掲載を開始。

面白い試み、といいますか、日本固有の領土なので当たり前のことがなぜ今まで実施されなかったのか?というニュース。

 

尖閣諸島周辺の天気予報。

地元・沖縄の八重山日報が昨日づけから開始したとのこと。

中国、北朝鮮、韓国、いずれも第二次大戦の戦勝国でもないのにこれ以上でかいつらをさせる必要もあるまいに。

列強に食われた国ばかりが、日本にごちゃごちゃ言ってくる。

大東亜共栄圏、実現してればこんなことにはならなかったのに。

 

と政治家は言えないような内容ですが、一般市民としてはそう思う。

 

というわけで 以下、産経新聞より引用です。

 

 沖縄県石垣島石垣市)を拠点とする日刊紙「八重山日報」が8日付から、尖閣諸島周辺海上の天気予報の掲載を開始した。11日に国有化5年を迎える尖閣諸島は同市の行政区域にあり、同紙は、天気予報の掲載を求める多数の読者の声に応えたとしている。

 気象庁尖閣諸島に特化した天気予報は出さず、周辺海域を「東シナ海南部」として発表している。このため八重山日報は、尖閣諸島周辺海域を東シナ海南部とみなし、気象庁のデータをもとに独自に天気予報のコーナーを設けたという。

 紙面では当日の尖閣諸島周辺海域の天候や風向風速、波の高さをイラストとともに伝えている。

 尖閣諸島を自国領と主張する中国は、「領有権」を内外にアピールするために一方的に尖閣諸島の天気予報を発表している。

 日本でも自民党山田宏参院議員が今年6月5日の参院決算委員会で、尖閣諸島のみを対象にした天気予報を気象庁が実施するよう訴えた。これに対し安倍晋三首相は「政治的にではなく、気象庁に検討させたい」と応じていた。

 米軍基地問題などをめぐって偏向報道が著しい「沖縄タイムス」「琉球新報」の2紙が君臨する沖縄県にあって、「中立公正な報道の実現」を掲げる八重山日報は今年4月、沖縄本島に進出し“第3の県紙”として硬直化する報道姿勢に風穴を開けた。