あのとき歴史は動いた?

1日1記事。わたしが気になったニュースを国内・海外からpickup。独断と偏見でコメントも添えてお届けします。古代より日記は史料として貴重な財産。現在の「○○を食べた」「○○と今日はデート」的な個人ブログとは一線を画してお届けします。

2017.9.12 任天堂、ミニスーファミの予約を9月16日より開始!

スーパーファミコン世代のわたしからすると、このニュースはなんだか30年前に戻ったのか、と思うようなほっとするニュース。

 

DSで巻き返した任天堂が、さらなる一手ということで、ミニスーファミの発売をいよいよ今週から予約受付開始というニュースです。

 

ネット転売で利益を生むことがいけないことだとはわたしは思いませんが、まあ生産者の思いみたいなものは、転売されたものを購入しても感じられないことを考えると、どうしても欲しいものは、できれば転売より正規に手に入れたほうが気持ちがいい気もします。

 

まあ使い倒すPCやその他、愛着を感じられないものは転売であれなんであれ、わたしは気にせず購入したいかなと思うんですが。

 

というわけでニュースは以下引用です。IT系フリーライター・篠原さんの記事より。

 

 任天堂が『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコンミニスーファミ)』の予約受付を9月16日から順次開始する予定だと発表しました。

 予約や販売の方法については店舗によって異なる場合があるとしています。

 なお、発表ではミニスーファミは10月5日の発売日以降も出荷を行うこともあわせて告知されており、これは日本よりも早く予約が開始された海外で転売の被害が確認されているためと思われます。

 

 転売については任天堂アメリカのレジー社長も「ミニスーファミは生産を劇的に増大させており、オークションサイトなどで購入しないことを強く進めたい」と英経済誌『フィナンシャル・タイムズ』のインタビューで語っており、任天堂が転売への対策を強めていることを確認できます。