あのとき歴史は動いた?

1日1記事。わたしが気になったニュースを国内・海外からpickup。独断と偏見でコメントも添えてお届けします。古代より日記は史料として貴重な財産。現在の「○○を食べた」「○○と今日はデート」的な個人ブログとは一線を画してお届けします。

2017.10.17 野党苦戦の予想の中、まさかの善戦は立憲民主党@2017.10.22衆議院議員選挙。

希望の党の小池ゆりこ党首が、先日の日曜日に町田駅に来ました。

とはいえ、わたしはその時間の30分前に町田を撤収。

まあ理由はすでに混んでいたから、というのが1つと、あとは「特別支持していない」というのが1つ。

 

民主党から鞍替えして出馬している人が多いなか、枝野の男気に感じるところもあるのか、立憲民主党が思わぬ勢いを見せています。

とはいえ、自民・公明2/3を阻止するほどの破壊力はまだまだ。

野党がどれだけタッグを組んで阻止できるか、という構図。

 

個人的に今の首相をまったく支持していないので、なんとかしてほしいけど、

ディープインパクトに立ち向かうには少々力が足りないか。

 

というわけで、希望の党にはハナから行くつもりも、また向こうも入れるつもりもさらさらなかったであろう枝野幸男の男気はこちら。

時事通信社より。

 

 衆院選で野党各党が苦戦する中、勢いを保っているのが立憲民主党だ。報道各社の情勢調査では、公示前勢力から議席を伸ばすと予測されている。民進党から希望の党に合流せず、安全保障関連法への反対姿勢を貫いて新党結成に動いた枝野幸男代表の行動が、「筋を通した」と好感されている面があるようだ。
 「国民が民主主義の主役だ。本当の民主主義を取り戻したい」。枝野氏は17日、小雨の降る東京・JR新小岩駅前でこう声を張り上げた。応援演説を依頼した立憲前職の陣営は「聴衆が出陣式のときより多い」と手応えを語った。
 民進党前職の多くが、希望入りの条件として安保法制容認などの「踏み絵」を踏まされたが、枝野氏は拒否。立憲陣営内では、希望の小池百合子代表(東京都知事)の人気にあやかろうとする流れにくみしない枝野氏の姿勢に一定の評価が集まっているとみている。 
 実際、立憲のツイッターのフォロワー数は約18万人で、自民党(約13万人)など他党を圧倒。立場の異なる石原慎太郎都知事ですら、ツイッターで「節を通した枝野は本物の男に見える」と評した。
 ただ、現状では自民党優位の状況を覆すまでには至っていないというのがもっぱらの見方。他の野党からは「失速した希望の票が立憲に流れている」「共産党支持層の一部を奪っているだけ」と指摘する声もある。