あのとき歴史は動いた?

1日1記事。わたしが気になったニュースを国内・海外からpickup。独断と偏見でコメントも添えてお届けします。古代より日記は史料として貴重な財産。現在の「○○を食べた」「○○と今日はデート」的な個人ブログとは一線を画してお届けします。

2017.10.20 台風が来るとコロッケが品切れになる?イオンの戦略とは?

ほんとですか・・・というニュースです。

子供も大人も嫌いな人というのはわたしは知らないのが「カレー」と「コロッケ」。

男女問わず、いや、国籍を問わないかもしれません。

そんなコロッケですが、台風が来る前にコロッケを買い込む、という不思議なネット上のカキコミからはじまり、実際に完売になったイオンもある、というお話。

 

特別イオンのコロッケが美味しいのか。

はたまた、外に出られないときはコロッケを食べる、という食習慣が日本人には本来あってわたしが知らないだけなのか。

 

今週末、いやもう明日土曜日、日曜日、月曜日と台風にさらされることになりそうな日本列島。

ニュースは以下引用です。毎日新聞より。

 

 大手スーパーのイオンリテールは20日、台風21号の接近が予想される四国と本州の「イオン」で、台風の進路予想にあわせて、21日から順次、店舗で販売するコロッケを通常より5割多く用意すると発表した。 

 過去にネット上で「台風が来る前にコロッケを買い込んだ」との書き込みが盛り上がり、9月の台風18号上陸前には、実際にイオンの一部店舗でコロッケが完売。「台風が来る前に、すべての顧客にコロッケを届けたい」として緊急販売することになった。

 揚げる量を5割増やすのは、イオングループプライベートブランドトップバリュ コロッケ」。時間がたってもザクザク感を失わない「トップバリュ ザクうまコロッケ」(税抜き98円)などを勧めている。

 24日までの実施を予定。四国・本州のイオンは約400店舗あるが、台風の進路予想にあわせて実施する店舗を決めるため、店舗ごとに実施日が異なる。また、台風の影響を受けない店舗でも「一部便乗する場合がある」という。