あのとき歴史は動いた?

1日1記事。わたしが気になったニュースを国内・海外からpickup。独断と偏見でコメントも添えてお届けします。古代より日記は史料として貴重な財産。現在の「○○を食べた」「○○と今日はデート」的な個人ブログとは一線を画してお届けします。

2018.1.10 ビル・ゲイツを差してAnazonのCEOジェフ・ベゾスが最裕福な男に。

なんとも景気のいい話がアメリカから入ってきました。

わたしも、そしてあなたも一度は使ったことがあるAmazon

送料無料の悪しき?風習が日本に根付いたきっかけともなった会社です。

そんなアメリカのアマゾンのCEOであり、ビジネス本などでは有名なジェフ・ベゾス氏の総資産額がなんと11兆円以上。

おいおい、、、小さな国でも運営できそうな勢いだが。。。

というより、、、少し分けてくれないだろうか。

韓国が10億円返す、返さないといった話とはまた器が違いすぎるニュース。

引用はCNN.co.jpより。

 

 米ブルームバーグは10日までに、ネット通販世界大手の米アマゾンを率いるジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)の資産総額が1051億ドル(約11兆8000億円)に達したと伝えた。米マイクロソフトの創業者、ビル・ゲイツ氏を抜き、これまで記録された中で最も裕福な人物になったことを意味する。

一方、米経済誌フォーブスの長者番付では、ベゾス氏の資産総額は1044億ドルとなっている。

ベゾス氏の資産の大半は保有するアマゾン株7890万株によるもの。アマゾンの株価は8日に1.4%上昇し、ベゾス氏の資産はおよそ14億ドル拡大していた。

2017年に56%の値上がりを記録したアマゾン株は、年初来7%近く上昇している。

ベゾス氏はこのほか、米紙ワシントン・ポストや米宇宙開発企業ブルー・オリジンといった会社も所有する。

ゲイツ氏の現在の資産総額について、フォーブスとブルームバーグはそれぞれ番付2位となる919億ドル、933億ドルと発表している。ただフォーブスによると、同氏の資産は1999年4月の短期間、1000億ドルを超えていたという。インフレ率を調整すれば当時の1000億ドルは現在の1480億ドルに相当する。

【関連記事】