あのとき歴史は動いた?

1日1記事。わたしが気になったニュースを国内・海外からpickup。独断と偏見でコメントも添えてお届けします。古代より日記は史料として貴重な財産。現在の「○○を食べた」「○○と今日はデート」的な個人ブログとは一線を画してお届けします。

2018.1.19 2017年の世界気温、観測史上2位の高温に。

まあ人間がいるから地球が汚れる、というのは今に始まった話じゃないわけですが、これまでの観測史上2番目に高い気温となると、さすがに真剣に考えないと、次、さらに次の世代にしんどい負担をさせることになりかねません。

 

結局、二酸化炭素がいけない、というのは誰しも知っていることですが、じゃあ減らそう、とはなかなかならないのが問題です。

今は日本は冬で温暖化といわれても「???」だろうし、来週月曜日には首都圏でも雪、といううわさがあるだけになおさら、といったところですが、庶民レベルから考えないと、これはまずいんじゃなかろうか。

 

以下ニュース引用です。時事通信社より。

 

 米航空宇宙局(NASA)は18日、2017年の世界の平均気温が1880年以降の観測史上2番目の高さだったと発表した。

 二酸化炭素(CO2)などの排出増加が気温上昇の背景と分析。「地球の気温は急激な温暖化傾向をたどっている」と警告した。

 NASAによれば、17年の地球表面の平均気温は、基準とする20世紀半ばをセ氏0.9度上回った。NASAと異なる分析手法を使う米海洋大気局(NOAA)が同日公表した平均気温は、基準より0.84度高く過去3番目。NASA、NOAAがいずれも過去最高を観測したのは16年だった。

 NASAは「過去60年の気温上昇は人間活動に伴って排出されるCO2など(の温室効果ガス)が原因だ」と説明。長期的に気温が上昇する傾向が続くと予想した。