あのとき歴史は動いた?

1日1記事。わたしが気になったニュースを国内・海外からpickup。独断と偏見でコメントも添えてお届けします。古代より日記は史料として貴重な財産。現在の「○○を食べた」「○○と今日はデート」的な個人ブログとは一線を画してお届けします。

2018.1.28 返金予定の463億円は「現預金で」byコインチェック。

昨日の続報で、コインチェックの仮想通貨流通問題です。

暗号通貨が正しい言い方らしいですが、まあそれは置いといて。

 

ネムが盗まれたんだからネムで返せ、という論調もありますが、物理的に5億以上のネムを安定した価格で購入するのにどれだけ時間がかかることやら。

そして88円程度で日本円で戻す、という財力があることに感謝するしかない。

 

取引所のルールには盗まれた場合も保証するとはどこにも書いていないし、コインチェックに限らずそれは同様なはず。

 

これだけ不祥事を出しながら、なおも経営継続を模索しているだけゴックスよりはるかにましではないかなと。

とはいえ、わたしのネム以外の通貨が動かせないので、それだけなんとかしてほしい。

ICOにまわす予定のものもあったので・・・間に合わないわな。

 

以下ニュース引用です。朝日新聞デジタルより。

 

 仮想通貨取引所「コインチェック」(東京都渋谷区)から顧客資産の仮想通貨「NEM(ネム)」580億円分が不正アクセスで流出した問題で、同社は28日金融庁に経緯を説明した。その後取材に応じた大塚雄介取締役は、現預金などで顧客に返金できるとの認識を示した。

 

 コインチェックは、流出したNEMの保有者約26万人に日本円で463億円を返金する方針。大塚氏は記者団から、返金のための十分な現預金があるということかと問われ、「さようでございます」と回答。「(現預金などで)返金して事業を継続できると思っている」とした。

 保有する仮想通貨を売却して返金するとの見方に対しては、「私たちは仮想通貨を保有してというのはない。それを補償にあてることはない」と否定した。

 金融庁は巨額流出を起こしたコインチェックの管理体制を問題視し、週内にも改正資金決済法に基づく業務改善命令を出す方針。