あのとき歴史は動いた?

1日1記事。わたしが気になったニュースを国内・海外からpickup。独断と偏見でコメントも添えてお届けします。古代より日記は史料として貴重な財産。現在の「○○を食べた」「○○と今日はデート」的な個人ブログとは一線を画してお届けします。

2018.1.30 NEMの次はモナコイン?高校生でも盗めちゃうのか?

しょうもない話ですが、わたしもモナコイン、少しですが持ってます。

50円で買ったので今でもプラスではありますが、昨年12月にいきなり2300円近くなったときに売ればよかった、と今は。

とはいえ売ったら売ったでぎりぎり年内ってことで税金で悩むんだろうし、難しいですね仮想通貨を雑所得に設定されると。

 

そんなモナコインですが、まさかの高校生が作ったウイルスで盗まれる、という事件が発生。

ネムの580億円に比べればかわいいもんですが、以下ニュース引用です。

東海テレビより。

 

 仮想通貨「モナコイン」を不正入手したとみられています。高校生の17歳の少年が愛知県警に逮捕されました。

 逮捕されたのは大阪府内の高校に通う17歳の少年で去年10月、仮想通貨「モナコイン」の口座に不正にアクセスできるウィルスを仕込んだソフトを作成。URLをインターネット上の掲示板に投稿した疑いが持たれています。

 去年10月、名古屋市内の男性から「掲示板に投稿された内容が犯罪ではないか」と北署に相談があり、発覚しました。

モナコイン」は2013年に日本で始まった仮想通貨で、現在では総額704億円分が流通しているということです。

 調べに対し、少年は「起きたことは事実ですが意図してやっていない」と容疑を一部否認していて、警察は、少年が別の男性からおよそ1万5千円分の「モナコイン」を不正に入手していたとみて、詳しく調べています。