あのとき歴史は動いた?

1日1記事。わたしが気になったニュースを国内・海外からpickup。独断と偏見でコメントも添えてお届けします。古代より日記は史料として貴重な財産。現在の「○○を食べた」「○○と今日はデート」的な個人ブログとは一線を画してお届けします。

2018.2.4 平昌冬季五輪の観戦チケット、25%がまだ売れ残り。なぜだ?

わたしは生でオリンピック見たことがないので、そういった意味ではピョンチャンなら近いなとは思います。

韓国はソウル、プサンは観光で行ったことがありますが、それ以外の田舎?といってはなんですが、ローカル線を使う場所は通過したことしかありません。

ピョンチャンがどこにあるのか、も正直把握していませんが、チケット、えらく売れ残っています。

閉会式が売れ残るのはともかく、ノルディックなんて面白いと思うんですが。

 

以下、時事通信より引用です。

 国際オリンピック委員会IOC)は3日、9日に開幕する平昌冬季五輪の観戦チケットの売り上げが75%にとどまっていると明らかにした。25万枚以上が売れ残っていることになる。
 大会組織委員会が1月に公表したデータによると、アルペンスキーやスピードスケートのショートトラックなどの売れ行きが好調な一方、ノルディックスキー複合やスケルトン、閉会式などの売り上げが伸び悩んでいる。