あのとき歴史は動いた?

1日1記事。わたしが気になったニュースを国内・海外からpickup。独断と偏見でコメントも添えてお届けします。古代より日記は史料として貴重な財産。現在の「○○を食べた」「○○と今日はデート」的な個人ブログとは一線を画してお届けします。

2018.3.8 コインチェックに2度目の業務改善命令。他業者も処分検討。

国が介在しないからロマンも夢もあった話なんですが、がっつり税金絡めて噛んできました。

まあ金のにおいにだけは敏感なのが国というものなんでしょう。

顧客保護という名の税金徴収リスト、といったところでしょうか。

 

インチェックに2回目の業務改善命令が出されたとのこと。

業務改善より再開してくれ。

 

トラブル発生から一ヶ月以上。

公式のツイッターなどでもたいした発言もしておらず、いつになったら仮想通貨の送金を再開するのか。

業務停止だとしても顧客の資産はまた別の話。

再始動したところで新規顧客がつくわけもなく、また既存の客もおそらく離れてしまうでしょう。

 

ネムもくそみたいな値段まで下がってますし、コインチェックだけでここまで仮想通貨が下落するとは思いませんが、信頼・信用をなくすとこうなるんだな、ということだけはわかりました。

 

というわけで以下ニュース引用です。TBSNEWSより。

 

 巨額の仮想通貨が流出した問題で、金融庁はコインチェックに対し、2度目となる業務改善命令を出す方向で調整に入りました。また、他の業者の行政処分も検討しています。

 580億円相当の仮想通貨が流出した問題で、金融庁は1月、コインチェックに業務改善命令を出し、立ち入り検査を続けていましたが、関係者によりますと、その後も内部管理体制に問題があるとして、2度目の業務改善命令を出す方向で調整しているということです。

 また、金融庁は、その他の交換業者にも立ち入りを実施。顧客保護の体制が整っていない業者や、マネーロンダリング防止が不十分な業者が見つかったため、行政処分を検討しています。そのうち、一部の「みなし業者」に対しては業務停止命令を出すことも検討していて、週内にも発表する予定です。