あのとき歴史は動いた?

1日1記事。わたしが気になったニュースを国内・海外からpickup。独断と偏見でコメントも添えてお届けします。古代より日記は史料として貴重な財産。現在の「○○を食べた」「○○と今日はデート」的な個人ブログとは一線を画してお届けします。

2018.3.19 ロシア大統領選、投票開始。プーチン圧勝なるか?

北の大国・ロシア。

日本とは歴史では因縁しかない国ですが、個人的にはプーチン大統領はかなり頭がいい人物なのではないかと思っています。

少なくとも日本の総理よりは頭がいいでしょう。ほめ言葉になっていませんが。

そんなロシアの大統領選挙ですが、もしプーチン大統領再任となると、2024年まで大統領ということで、25年近く政権を維持することに。

北朝鮮ならありえる話ですが、絶大な人気に支持されて、今後はどういう行動に出るのかも注目です。

今日からG20開幕。仮想通貨、下がりっぱなしなので、明るい話題を頼みます。

 

以下ニュース引用です。テレ朝ニュースより。

 

 ロシアの大統領選挙の投票が始まりました。プーチン大統領の再選は確実とみられていますが、目標としている投票率7割に達するかは微妙です。

 ロシア極東のウラジオストクでは、日本時間の18日午前7時に投票が始まり、多くの有権者が投票所に来ています。即日開票され、日本時間の19日朝には大勢が判明する見通しです。プーチン氏の当選が確実視されていて、任期の2024年まで大統領を務めれば約四半世紀にわたって権力を握ることになります。ただ、経済が停滞して閉塞感が漂うなか、有権者の関心は低くなっています。プーチン陣営は安定的な政権運営のために「投票率、得票率ともに70%」を目標にしていますが、その数字に届くかは微妙です。他に7人が立候補しています。反政府デモを広めた野党勢力の指導者、ナワリヌイ氏の出馬は認められませんでした。