あのとき歴史は動いた?

1日1記事。わたしが気になったニュースを国内・海外からpickup。独断と偏見でコメントも添えてお届けします。古代より日記は史料として貴重な財産。現在の「○○を食べた」「○○と今日はデート」的な個人ブログとは一線を画してお届けします。

2018.4.19 2020年の大河ドラマは「明智光秀」に決定。

麒麟がくる、というタイトルで明智光秀を取り上げることになったのが2020年の大河ドラマ

引っ張りようがない人物だと思うんですが、どうやって通年持たせるのか。

どうしても若いころの朝倉家流浪時代や、足利義昭、娘で細川家に嫁ぐ細川ガラシャあたりとの絡みが多くなる気がするんですが、はたしてどうなのか。

秀吉としゃべるイメージもあまりないうえに、ほかの織田の家臣団とも仲が良かったのは荒木村重くらいかなと思うので、前半から中盤、がある意味見もののドラマかなと思います。

 

個人的には幕末より戦国が好きなので、期待はしています。

以下ニュース引用です。デイリーより。 

 

 NHKが19日、都内の同局放送センターで20年に放送する大河ドラマとして明智光秀をテーマにした「麒麟がくる」を放送すると発表した。主演は長谷川博己が務める。

 会見で無数のフラッシュを浴びながら長谷川は「感動してます。まだ実感がわかなかったですけど、写真を撮られて今、すごいことを引き受けたと実感しています」とやや緊張した面持ちで語った。「大河の主演をやるというのは俳優にとっては一つの目標に確実にあると思います。フラッシュをたかれているときにすごいことだなと実感しています。きちんと大河の主演らしくやりとげたい」と力を込めた。

 今年後期の朝ドラ「まんぷく」にも出演するため、短期間に大役が続くことになる。「2020年だったので、連投という形になる。朝ドラの撮影のあとに大河に入る。難しいかなと立ち止まったのですが、(脚本の)池端(俊策)さんとご一緒して楽しかったですし、いい経験ができた。『夏目漱石の妻』(16年放送のNHKドラマ)でご一緒して、また池端さんの作品に出たいと思っていた」と脚本の池端俊策氏の作品となることが出演を後押ししたと明かした。

 立て続けのNHKの看板ドラマ出演になるが、「長旅になりますが、これを乗り越えた後に人がみれないような景色がみれるのではと、しっかりやりたい」と意欲的だった。ただ、「朝ドラやんなきゃいけないので、そちらで頭がいっぱい」と本音ものぞかせた。「明智は三日天下ですが、これをやり遂げた後に1年くらい天下が欲しい」とユーモアも交えた。

 時代劇、大河ドラマでも人気のある戦国時代によく登場する各人物を「従来のイメージを覆す新しいキャラクター像」として、描いていくという意欲作。明智光秀について、発表資料は「私怨により本能寺で信長を討った謀反人のイメージを覆す、勇猛果敢かつ理知的な天才・明智光秀。史料がほとんど残っていない20代の青春時代から描写していきます」としている。