あのとき歴史は動いた?

1日1記事。わたしが気になったニュースを国内・海外からpickup。独断と偏見でコメントも添えてお届けします。古代より日記は史料として貴重な財産。現在の「○○を食べた」「○○と今日はデート」的な個人ブログとは一線を画してお届けします。

2018.5.28 USJのジェットコースター、またも緊急停止。

ディズニーリゾートでも、わたしが小さいころから好きで乗ってきたスペースマウンテンが老朽化しているということもあり、ジェットコースターは楽しいですが、あのスピードを出す以上、安全管理はしっかり以上、確実を願いたいところ。

そういった意味では、今月2回の緊急停止をしてしまったUSJのジェットコースターは不安が残ります。

 

お子さんをお持ちのお父さん・お母さんとしては、とても怖くて乗れない、乗せられないといった乗り物では、せっかくのテーマパークも意味なく、子供は基本ジェットコースター好きだと思いますので、きっちり修正して夏休みに備えてほしいところ。

 

以下ニュース引用です。産経新聞より。

 

 

 28日午後6時5分ごろ、大阪市此花区のテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」で、ジェットコースターが発進直後に緊急停止し、乗っていた約35人が一時身動きができない状態になった。乗客は既に退避しており、けが人はいなかった。USJは、詳しい原因を調べている。

 USJによると、ジェットコースターは映画「ジュラシック・パーク」をテーマにした人気アトラクション「ザ・フライング・ダイナソー」で、うつぶせで宙づりのような体勢で利用する。ジェットコースターは、スタート地点から約10メートルの上昇途中で止まり、スタッフが乗客を1人ずつ降ろしたという。

 同アトラクションをめぐっては、今月1日に高さ20メートルの地点で緊急停止し、一部の乗客が約2時間宙づり状態で取り残されるトラブルが起きている。