あのとき歴史は動いた?

1日1記事。わたしが気になったニュースを国内・海外からpickup。独断と偏見でコメントも添えてお届けします。古代より日記は史料として貴重な財産。現在の「○○を食べた」「○○と今日はデート」的な個人ブログとは一線を画してお届けします。

2018.6.10 初の米朝首脳会談に向けて、トランプ大統領がシンガポールに到着。

ビジネスマンのほうが行動力があるな、と感じさせられるのがアメリカのトランプ大統領

これがヒラリーだと、おそらく実現すらしないし検討すらしなかったであろう米朝首脳会談

歴史的偉業になるかも含め注目も集まっていますが、12日までまだ2日あります。

まさかの北のドタキャン?がないことを祈りつつ、経過を見守りたいところです。

朝鮮戦争はまだ終わっていない、ということでそろそろピリオドを打ちたいのは世界各国どこも共通の願いではないでしょうか。

 

以下ニュース引用です。0テレニュース24より。

 

アメリカのトランプ大統領が10日午後、史上初の米朝首脳会談が行われるシンガポールに到着した。

トランプ大統領を乗せた大統領専用機は、日本時間10日午後9時20分すぎにシンガポール軍の空港に到着した。この後、宿泊先のシャングリラホテルに向かう予定。

大統領は10日、ツイッターで首脳会談について「エキサイティングな日になる」「金正恩委員長と会うのを楽しみにしているし、この一度きりの機会は無駄にならない気がしている」と期待感を示している。

また、金委員長について「北朝鮮に平和と繁栄をもたらすことに一生懸命、取り組もうとしている」と述べている。

11日には、10日に金委員長と会ったシンガポールのリー・シェンロン首相と会談する予定で、米朝首脳会談の開催に感謝を伝えることにしている。