あのとき歴史は動いた?

1日1記事。わたしが気になったニュースを国内・海外からpickup。独断と偏見でコメントも添えてお届けします。古代より日記は史料として貴重な財産。現在の「○○を食べた」「○○と今日はデート」的な個人ブログとは一線を画してお届けします。

2018.6.27 早稲田大学の渡部教授、セクハラ疑惑で退職願提出へ。

大学院生というのは就職先や、あるいは大学に残りたい場合にどうしても教授の人脈や力を頼りたくなるもの。

そういう意味ではこういうのは日常茶飯事なんだろうな、と思える教授の院生へのセクハラ。

言わないだけで我慢している人が相当数いそうな気がする。

 

以下ニュース引用です。毎日新聞より。

 

文芸評論家として知られる早稲田大大学院の渡部直己教授(66)が退職願を提出したことが27日、分かった。渡部教授からセクシュアルハラスメントを受けたとして、教え子だった元大学院生の女性(27)が大学に被害を申し立てていた。大学は調査委員会を設置し、事実関係を調べている。