あのとき歴史は動いた?

1日1記事。わたしが気になったニュースを国内・海外からpickup。独断と偏見でコメントも添えてお届けします。古代より日記は史料として貴重な財産。現在の「○○を食べた」「○○と今日はデート」的な個人ブログとは一線を画してお届けします。

2018.6.29 他力本願・リスク全背負い采配の西野監督の博打。見事に吉と出てグループリーグH突破。次戦はベルギー戦。

日本がグループH3戦目のポーランド戦でやった「残り10分球回し」が批判されているわけですが、イエローカード、レッドカードの枚数でフェアプレーポイントを決めたのは、FIFA

 

ほかのグループでは見られない特異な例になってしまいましたが、きちんとしたルールに則って進出した決勝トーナメントです。

 

仮にも国を背負って闘っているチームが、負けている試合でまだ時間もあるのに、やる気を見せないってどういうこと???というのは確かにそうですが、やる気を見せたあげくセットプレーからベルギーに2点目が入っても「カミカゼ!これで敗退なら仕方ない。よくやった」と日本人が本当に思えるかは疑問ですし、それこそ博打。

 

セネガルから「ルールだから仕方ないが納得いかない」と言われるのはまだわかりますが、他の国のメディアからごちゃごちゃ言われる筋合いがある内容では正直ないと思います。

 

たしかに試合は美しくはなかったかもしれませんが、少なくとも汚くはなかったはず。

 

日本以上に賞賛すべきは、勝たなければグループリーグ敗退のプレッシャーの中、1対0でセネガルに勝利して、勝ち点6での1位通過となったコロンビア。

 

日本戦も10人になっていなければ、コロンビアもここまでは追い込まれなかったはずですので、運も実力のうち、という意味では日本は堂々と次のベルギー戦に挑めばいいですし、グループH最上位と考えられていたコロンビアは、次はイングランドということで、お互いにがんばろうぜ!といったところ。

 

個人的に残念だったのは、ドイツに2対0で勝利という歴史的快挙を成し遂げた韓国が、帰国して空港で卵を投げつけられたこと。

確かに国民からすればグループリーグ敗退は納得いかなかったかもしれませんが、あのグループを突破してこい、というのも無理がある話。

今年のアジア勢はサウジアラビア含め大苦戦していた中、欧州最強ともいえるドイツに勝ったのだから、拍手の1つくらいしてあげてもよさそうな気もします。

 

そしてまさかの前回優勝国ドイツがグループ最下位となり進出できなかった厳しいグループ。よく1つ勝てた、とは思えないのだろうか。

 

以下ニュース引用です。GOALより。

日本代表は28日、ロシア・ワールドカップのグループH第3戦でポーランド代表と対戦し、0-1で敗れた。引き分け以上で決勝トーナメント進出が決まる日本だったが、59分にセットプレーから失点。このまま得点を奪えずに試合は終了した。しかし、勝ち点4で並んだセネガルにフェアプレーポイント数で上回ったことで決勝トーナメント進出を決めた。

 

日本は試合終盤、セネガルがコロンビアにリードを許し、そのままいけばフェアプレーポイントで上回ることから西野朗監督はボールキープを選択。セネガルが同点を追いつけばグループリーグ敗退が決まる状況だったが、“リスクのある守った采配”を展開した。

 

試合後のフラッシュインタビューで西野朗監督は以下のように語った。

「チームとすれば本意ではないですけど、勝ち上がる中での戦略。こういう形も成長していく中での一つの選択だと思います」

「ポイントは常に。他会場の流れや多様性が問われる試合だった。難しい試合だったと思います」

「これからまた強いチャレンジをしていきたいと思います」