あのとき歴史は動いた?

1日1記事。わたしが気になったニュースを国内・海外からpickup。独断と偏見でコメントも添えてお届けします。古代より日記は史料として貴重な財産。現在の「○○を食べた」「○○と今日はデート」的な個人ブログとは一線を画してお届けします。

2018.8.29 ライザップ、東証1部上場へ。

 興味はありつつ、株価が高いのでお気に入り登録のみにしていたのがライザップです。

 あの価格帯でここまで成長するのか、と。

 結果にコミットする、というシンプルな理念、かつ、その結果が出ているからこその成長力なんだろうなと思うのと、この成功にとどまらず、あくまで貪欲に動いている姿勢が好きで、買いたいなと思っている株。

 

 そんなライザップ、札幌証券取引所からいよいよ東証一部上場へ、というニュース。資金調達も今よりスムーズだろうし、何よりステータスにはなりそうです。

 とはいえ、打撃は当然札幌証券取引所が受けるわけで、いかほどの被害?損害になるのか。

以下ニュース引用です。北海道新聞より。

 

札幌証券取引所上場のフィットネスクラブ運営、「RIZAP(ライザップ)グループ」(東京)は28日、東京証券取引所1部への上場を目指す方針を明らかにした。目標時期は示していないが、数年以内に実施するとみられる。本業が好調な上、積極的な企業の合併・買収(M&A)で、売上高が5年前の8倍に膨らんでおり、東証1部上場を機に経営基盤をより強固にし、資金調達力や信用力を高める。札証上場を維持するかは未定だが、札証は売買の9割超を同社株が占めており、取引の激減は必至だ。

 

 同社は2006年に札証の新興企業向け市場「アンビシャス」に上場。グループ会社は娯楽施設運営や衣料品販売など81社に上る。東証上場に向けて、同社は「事業拡大とともにグループの管理体制も強化し、利益を生み出す体質をつくりたい」(グループ管理本部)としている。6月に元カルビー会長兼最高経営責任者(CEO)の松本晃氏を最高執行責任者(COO)として招き、グループ各社の情報公開や財務の体制整備を急いでいる。

 同社が当初の上場先に札証を選んだのは、前身の健康コーポレーションが扱う豆乳クッキーの原料を道内企業から仕入れていたのが縁。札証では15~17年度に、売買代金の9割超をライザップ株が占め、東証に移れば打撃は大きい。