あのとき歴史は動いた?

1日1記事。わたしが気になったニュースを国内・海外からpickup。独断と偏見でコメントも添えてお届けします。古代より日記は史料として貴重な財産。現在の「○○を食べた」「○○と今日はデート」的な個人ブログとは一線を画してお届けします。

2018.9.8 北海道地震の影響により、サンマとイカ、品薄で高騰。

つい最近、サンマが大漁だったというニュースをお伝えしたばかりでしたが、まさかの北海道の地震により、早くも海の幸に影響が出始めています。

旬の時期を迎えているサンマ、スルメイカの水揚げが地震の影響により減少、その影響が東京の築地市場に波及しており、卸値が高騰。

その結果、売れ行きが悪化という悪循環に陥っています。

 

ライフラインの復旧、停電世帯の完全復旧含め、まだまだ時間がかかる北海道。

熊本、広島などをはじめ、台風、地震の被害を2018年は大きく受けているだけに、残り3ヶ月少しですが、まだまだ油断なりません。

 

以下ニュース引用です。時事通信社より。

 

  北海道地震の影響により、旬のサンマやスルメイカの水揚げが減少。東京・築地市場中央区)では品薄から卸値が高騰し、売れ行きが悪化している。

 サンマは主産地、北海道での水揚げが8月下旬から回復していたが、地震により状況は一転。同市場8日のサンマ入荷量は約7600箱(4キロ箱中心)で、1~7日(平均2万8600箱)に比べ4分の1近くに急減した。

 入荷減により、卸値は高騰。8日の相場は中心となる140グラム型が1キロ当たり1100円前後で、1週間前の約2倍に跳ね上がった。仕入れ値が上がったことで、「都内のスーパーなどで、この週末の特売を見送る動きが相次いだ」(築地卸)と打ち明ける。

 不漁が続くスルメイカの状況も一層深刻だ。地震による停電などで「イカ釣り漁船で使う氷が手に入らず、北海道から出漁できないケースが多い」と市場関係者。青森県宮城県産などに頼らざるを得ないが総量は少なく、8日の相場は1キロ当たり1000~1200円と地震発生前の2倍近く。売れ行きは鈍いという。

 築地市場ではサンマやスルメイカに加え、「これから旬を迎える北海道産のアキサケやカレイなどの水揚げにも影響が出るのではないか」(築地卸)と心配する声もあり、都内の鮮魚店では「売り込む魚種を探すのが大変」と頭を抱えている。