あのとき歴史は動いた?

1日1記事。わたしが気になったニュースを国内・海外からpickup。独断と偏見でコメントも添えてお届けします。古代より日記は史料として貴重な財産。現在の「○○を食べた」「○○と今日はデート」的な個人ブログとは一線を画してお届けします。

2018.9.18 山本KID徳郁さん死去。

自分より年下が亡くなる、というのは面識がない場合でもけっこうショックです。

まして、テレビで実際に試合を見たことがある選手となるとなおさらかもしれません。

 

人生は自分で幕引きができそうでできないと個人的には思いますが、こんな終わり方は本人も周囲も望んでなかったはず。

やりたいこともまだまだたくさんあったと思うだけに、本当に残念。

41歳。。。病とはいえ早すぎる。

 

以下ニュース引用です。スポーツ報知より。

 

 がん闘病を公表していた元レスリング選手の山本KID徳郁さんが、18日に41歳で死去した。突然の訃報を受け、総合格闘家秋山成勲(43)が「一生忘れません」とツイートするなど格闘界に大きな衝撃が走った。

 

 

 親交のあった秋山は「KIDくん。あなたと一緒に戦った事。あなたと一緒に練習した事。あなたと一緒に仕事をした事。あなたと一緒に笑った事。一生忘れません。安らかにお休みください」と追悼。「RIZIN」に参戦している那須川天心(20)はツイッターで「KID選手。お会いした時に日本の格闘技盛り上げてよ、君なら行けるよと言ってくださいました」と明かし、「絶対盛り上げます。ありがとうございました」とつづった。

 K―1史上初の3階級制覇を果たした武尊(27)はツイッターに山本さんとのツーショットを公開。「KIDさん日本の格闘技を盛り上げてくれて本当にありがとうございます。自分より大きい選手を倒していく姿に体の小さかった僕はたくさん勇気貰いました」と感謝した上で、「これから引き継いでもっと盛り上げていきます。天国でゆっくり休んでください。ありがとうございました」と記した。

 また、プロレスラーの鈴木みのる(50)は「ごくショックだ。。。ご冥福をお祈りします。。。おつかれさま」、WWEで活躍する中邑真輔(38)は「It’s heartbreaking…♯RIP Norifumi“KID”Yamamoto ご冥福をお祈りいたします」とツイート。長島☆自演乙☆雄一郎(34)は「訃報すぎた。格闘技を超メジャーにしてくれたkidさん。ご冥福をお祈りいたします。なんも言われん。ただただ残念」と悼んだ。