あのとき歴史は動いた?

1日1記事。わたしが気になったニュースを国内・海外からpickup。独断と偏見でコメントも添えてお届けします。古代より日記は史料として貴重な財産。現在の「○○を食べた」「○○と今日はデート」的な個人ブログとは一線を画してお届けします。

2018.10.2 人間はストレスを感じるとネギ臭くなる。

皮膚から臭いが出る、というのはわからなくもなかったですがまさかネギ臭いとは。

もちろん食べ物や体調に左右されるわけですが、緊張やストレスにさらされると発するのがストレス臭とのこと。

 

資生堂が発見したのは、ストレス臭はネギやにんにくのような臭い、とのことで、日本はストレス全盛社会と個人的には思っているので、ネギ臭いのが数千万人いると思うとぞっとします。ってわたしもか。

 

というわけで以下ニュース引用です。日テレニュース24より。

 

 大手化粧品メーカーの資生堂が、人がストレスを感じた時に発する特徴的なにおい「ストレス臭」を発見したと発表した。

 資生堂によると人は皮膚からにおいを出しており、食べ物や体調などによってにおいが変化するという。これまで「加齢臭」も発見した資生堂が新たに見つけたという「ストレス臭」は、人が緊張やストレスを感じた時に出るとされている。

 

 どんなにおいなのか記者が検証した。暗算を続けたり答えづらい質問を受け続けたあと、手から出たにおいを取り出すと…人数がたくさんいる時の場所のにおいにも似たにおいだという。

 

 ストレスが強いとネギやにんにくのようなストレス臭がするという。資生堂では来年ストレス臭専用のにおいケア製品を発売する予定。