あのとき歴史は動いた?

1日1記事。わたしが気になったニュースを国内・海外からpickup。独断と偏見でコメントも添えてお届けします。古代より日記は史料として貴重な財産。現在の「○○を食べた」「○○と今日はデート」的な個人ブログとは一線を画してお届けします。

2018.10.19 伊藤園が業界初、缶入り「とん汁」10/22日発売。まさかの豚肉なし。

豚肉なしのとん汁というのはとん汁ではない気もしますが・・・

わたしはおーいお茶を飲まない人間なので、あまり魅力を感じない商品ですが、ハマる人はハマりそうな、豚肉なしのとん汁。

もちろん業界初になるわけですが、ポークオイルで味付け、という人工的な風味が果たしてどうなのか。

ぜひ飲んだ人に感想を聞いてみたいところです。

以下ニュース引用です。毎日新聞より。

 

  「お~いお茶」などで知られる伊藤園(東京都渋谷区)は、缶入りホット飲料「とん汁」を22日に発売すると発表した。同社によると、缶入りの豚汁は飲料業界で初めて。全国のスーパー、コンビニエンスストアに加え、一部の自動販売機でも販売する予定という。希望小売価格は130円(税抜き)。

 「とん汁」はジャガイモ、ゴボウ、コンニャクの3種類の具材をふんだんに使っている。豚肉は入っておらず、ポークオイルで豚肉の風味をつけた。小腹がすいたときに飲む「フード系飲料」(同社)の位置付けで、具材が下にたまっても食べにくくならないよう、中身を出しやすい広口缶を使用している。

 かつては「お汁粉」や「コーンポタージュ」が缶入りのスープ系飲料の定番だったが、近年は永谷園しじみのみそ汁「1本でしじみ70個分のちから」、ポッカサッポロが「じっくりコトコト 濃厚オニオンコンソメ」を発売するなど種類が豊富になりつつある。

 同社も「中食」需要の増加を受けて、即席みそ汁市場に力を入れているといい、「とん汁」も「食事のおともとしても活用してほしい」(同社担当者)と意気込んでいる。